野生生物保全管理技術養成事業

※令和4年度より「農業共生圏高度専門家育成事業」は「野生生物保全管理技術養成事業」へ名称変更いたしました。

野生生物と人との軋轢(あつれき)

狩猟者の減少・耕作地放棄・林業の衰退といった人の生活の変化や,気候変動による自然環境の変化は,野生生物の個体数増加や分布域の変化を招き,シカ等による農林業被害増加や,ヒグマ等による人身事故の原因となっています。また,他の地域から持ち込まれた外来生物は,その地域の生態系を脅かし,人やペット,家畜に感染症をもたらす危険性もあります。

一方で,人が便利に暮らしていくために行われる道路開発や宅地開発等は,野生生物の生息環境や地域の生態系に大きな変化を与え,種の存続に影響を与えます。このように,人と野生生物の生活は互いに影響しあい,軋轢が生じています。

 野生生物と人の共生へ向けて

野生生物と人が共存し,持続可能で多様性のある社会を実現するためには,行政職員や企業担当者,地域住民が野生生物について正しい知識を身につけ,それぞれの立場から野生生物と人との軋轢の軽減・解消に努力しなければなりません。 しかし,生息地の環境改善策や農林業被害の防除方法など保全と管理を同時に学ぶことができる場は限られています。

農業共生圏高度専門家育成事業パンフレット

※上記は旧「農業共生圏高度専門家育成事業」のパンフレットとなります。野生生物保全管理技術養成事業の新パンフレットは完成次第こちらに更新いたします。

地域理解の向上に向けて

本事業では地域の皆様や子供達に身近な自然と親しみ,野生生物への理解を深めるため,HP上で環境教育の様々なコンテンツを提供しております。
自由研究や野外活動の際に本コンテンツをご活用いただけますと幸いです。

環境教育コンテンツ

以下のコンテンツの中からお好きなものをクリックしてください。
※新たにボードゲーム「食って食われて」を追加しました。

 

十勝管内に生息する野生動物に関するパンフレット

これまでに発行した十勝に生息する野生動物に関するパンフレットを一冊にまとめた「とかちの野生動物2022」を公開しました。※画像をクリックするとパンフレットを見ることができます。

過去に作成したパンフレットは以下からご覧いただけます。

 
   

高度で実践的な専門技術を学ぶ機会の提供

令和3年度は以下3件の講習会開催を開催いたしました。

野鳥(一般鳥類)講習会 

自然環境調査では幅広い鳥類の同定・調査技術が必要となることから,猛禽類を除いた一般鳥類を対象として観察や同定技術,保全に関する知識向上を得ることを目的とした講習会を開催します。

詳細はこちらから

野生生物保全管理講習会

人の経済活動と生物多様性が両立した農業共生圏の実現に向けて,野生生物の保全管理に関する基本的な知識と技術を持つ人材の育成を目指し,座学及び野外での実技を通じて野生生物の保全管理に関する正しい知識と技術習得を目的とした講習会を開催します。

なお,今年度は新型コロナウイルス感染症の対策として,座学講座と野外実習の実施日を分け,座学講座はZoomを利用したオンラインで,野外実習は本学において対面で実施いたします。

詳細はこちらから

人への伝え方~相手に合わせた伝え方を考えよう~

野生生物と人との軋轢解決に向け,地域住民や行政,企業,研究教育機関などが協働して複合的な視点から解決策を検討していくことが今後必要であり,そのためには,自分の意見を相手に適切に伝え,正確な情報や考え方を理解してもらえるかが重要な観点となります。

協働による野生生物と人との軋轢の軽減、解消を推進することを目的に,野生生物対策をテーマに「人に伝える」重要性とその事例について学ぶ講習会をオンラインで開催します。

詳細はこちらから

野生生物保全管理技術養成事業に関するお問い合わせ

国際・地域連携課 地域連携係
Email: wildlife@obihiro.ac.jp
Tel: 0155-49-5235,5236