障がい等のある志願者との事前相談

本学に入学を希望する方で,入学試験の受験時及び入学後の修学において特別な配慮を希望される場合は,出願の前に事前相談を受け付けています。

事前相談を必要とする障がい等の程度

区分 特別な配慮の対象となる者
視覚障がい 点字による教育を受けている者
両眼の矯正視力がおおむね0.3未満の者のうち,拡大鏡等の使用によっても通常の文字,図形等の視覚による認識が不可能又は著しく困難な程度の者
視力以外の視機能障害が高度の者のうち,拡大鏡等の使用によっても通常の文字,図形等の視覚による認識が不可能又は著しく困難な程度の者
上記以外で視覚に関する配慮を必要とする者
聴覚障がい 両耳の平均聴力レベルが60デシベル以上の者
上記以外で聴覚に関する配慮を必要とする者
肢体不自由 体幹の機能障がいにより座位を保つことができない者又は困難な者
両上肢の機能障がいが著しい者
上記以外で肢体不自由に関する配慮を必要とする者
病弱 慢性の呼吸器疾患,心臓疾患,腎臓疾患,消化器疾患等の状態が継続して医療又は生活規制を必要とする程度の者又はこれに準ずる者
発達障がい 自閉症,アスペルガー症候群,広汎性発達障がい,学習障がい,注意欠陥多動性障がいのため配慮を必要とする者
その他 上記の区分以外の者で特別な配慮を必要とする者

注: 日常生活において,ごく普通に使用されている補聴器,松葉杖,車椅子等を使用して受験する場合も,試験場設定や特別な配慮との関係から必ず事前に相談してください。

相談方法

「相談先」へ下記の書類を送付してください。なお,対応に時間を要する場合もありますので,できるだけ早い時期にご相談願います。

  1. 事前相談書(必須)
  2. 医師の診断書(必須。ただし4.の大学入試センターに提出した書類の写しに含まれる場合は不要)
  3. 障害者手帳の写し(該当する場合のみ)
  4. 大学入試センター試験受験に際して特別な配慮を申請したときの提出書類等の写し(受験上の配慮申請書,医師の診断書,受験上の配慮事項決定通知書等)(該当する場合のみ)

相談期限

選抜方法ごとに期限を設定しておりますので,詳細は受験される選抜方法の学生募集要項でご確認ください。なお,相談期限後に不慮の事故等により障がいを負った場合等は速やかに「相談先」に電話で連絡してください。

相談先

〒080-8555 北海道帯広市稲田町西2線11番地                         国立大学法人帯広畜産大学

入試・教務課入学試験係
Tel: 0155-49-5321