国際獣疫事務局OIEとの協力

国際獣疫事務局(World Organization for Animal Health: OIE)について

世界181の国と地域が加盟して家畜と畜産品の安全・安心確保を目指す国際機関「国際獣疫事務局(World Organization for Animal Health: OIE)」では,世界最先端の研究組織や専門家をコラボレーティングセンターやリファレンスラボラトリー専門家に認定し,最新の研究成果を新たな動物感染症診断法開発やワクチンの国際標準化等に活用しています。また各疾病の専門家チームが各種疾病に対する診断法をまとめたテレストリアルマニュアル(OIE Terrestrial Manual,英文)を策定し,各国の防疫・診断業務の標準化を行っています。

原虫病研究センターOIE専門家の紹介,活動概要

OIEコラボレーティングセンター

コラボレーティングセンターは,特定の専門分野(動物用医薬品,新興感染症等)において技術的な支援等を行っています。2017年5月末現在,29カ国,55施設が認定されています。原虫病研究センターは「家畜原虫病の監視と制圧」というテーマで,平成20年5月にアジア初となるOIEコラボレーティングセンターに認定されました。

OIEリファレンスラボラトリー

リファレンスラボラトリーは,個々の動物疾病の診断及び診断方法に関する助言や診断に利用する標準株・診断試薬の保管等を行っています。2017年5月末現在,38カ国,267施設が指定されています。

横山 直明 教授

平成19年5月にウシバベシア病(Babesia bovis, B. bigemina感染症)及びウマピロプラズマ病(B. caballi, Theileria equi感染症)に関するOIE専門家に任命されました。4年毎のOIEテレストリアルマニュアルの改定に携わり,ウシバベシア病及びウマピロプラズマ病に関する防疫・診断法の国際標準規格を策定しています。また,生体の国際輸出入に伴うウシバベシア病及びウマピロプラズマ病診断に関するコンサルティング業務も随時行っています。

井上 昇 理事・副学長

平成19年5月にスーラ病(Trypanosoma evansi感染症)に関するOIE専門家に任命されました。OIEの主催するNTTAT(非ツェツェバエ媒介性動物トリパノソーマ病)専門家会議,アドホックグループミーティングを通じてOIEテレストリアルマニュアルの改定に携わり,動物トリパノソーマ病に関する防疫・診断法の国際標準規格を策定しています。また,国際生体輸出入に伴う動物トリパノソーマ病診断に関するコンサルティング業務も随時行っています。

活動報告

診断業務

各リファレンスラボラトリーは,OIEテレストリアルマニュアルのウシバベシア病診断方法(Chapter2.4. 2.),ウマピロプラズマ病診断方法(Chapter2.5.8.)ならびにスーラ病診断方法(Chapter2.1.21.)に準拠した方法により,該当疾病に対する診断業務を行っています。診断業務のうち,「OIE Manual of Diagnostic Tests and Vaccines for Terrestrial Animals 2016に基づくウシバベシア病,ウマピロプラズマ病及びスーラ病のPCR法を用いた原虫病DNA判定試験」は平成29年3月にISO/IEC 17025: 2005認定を取得し,国際水準の精度管理下で実施されていることが外部機関により担保されています。⇒原虫DNA判定試験の依頼はこちら