別科入試

入試の種類・日程・要項等

令和4年度別科(酪農専修)入試

区分 出願期間 試験日 募集要項
学校推薦型選抜

令和3年11月1日(月)~令和3年11月5日(金)

令和3年11月29日(月) 令和4年度学生募集要項は8月公表予定です
一般選抜

令和4年1月24日(月)~令和4年2月2日(水)

令和4年2月26日(土)

【参考】令和3年度別科(酪農専修)学生募集要項

学校推薦型選抜で学校長が作成する推薦書は電子ファイルで入力作成も可能です。

別科学校推薦型選抜・推薦書(Word)提出時はA3サイズ(厚紙でなく,普通紙で結構です。)で印刷してください。

資料請求

本学に以下の要領で郵送で請求してください。

  • 返信用封筒(角形2号)を同封し,入試・教務課入学試験係あてに請求してください。
  • 大学あて封筒および返信用封筒については必ず以下の見本を参照して用意してください。
  • 返信用封筒には送料分の切手を貼付し,「郵便番号」「住所」「氏名」「電話番号」を明記し,朱書きで「ゆうメール」の文字をご記入ください。
  • 本学あての請求用封筒には必ず「別科推薦(または一般)学生募集要項請求」または「別科推薦(または一般)学生募集要項+大学案内請求」と明記してください。(見本は募集要項を請求する場合を掲載しています。)
  • 送料分の切手は,募集要項+大学案内を希望の場合は310円,募集要項のみの場合は180円です。

     見本(拡大してみたい方はこちらからご確認下さい。)

  

検定料の返還について

検定料を払い込んだが,本学に出願しなかった(出願書類を提出しなかった,または受理されなかった)場合や二重に検定料を払い込んだ場合等は検定料相当額を返還いたします。

請求する際は,本学様式の返還金請求書に必要事項を記載の上,払い込んだことがわかる書類(振替払込受付証明書など)がありましたらコピーを同封の上,郵送で本学入試・教務課入学試験係までお送りください。

送付先:〒080-8555 北海道帯広市稲田町西2線11番地

     国立大学法人帯広畜産大学入試・教務課 入学試験係

過去の入試問題

こちらからダウンロードできます。

 

入学試験データ

こちらの学部入試「入学試験データ」の項目から,別科の過去年度の志願者数・受験者数・合格者数・入学者数をご確認いただけます。(学部入試と同じデータ内に記載されています。)

別科について

本学別科(酪農専修)の教育プログラムの核となる畜産フィールド科学センターでの農場実習は,本学教員によって行われ,酪農分野はもちろんのこと,他の様々な農業分野に精通した教員が直接指導を行っています。さらに,教員に加え技術職員を指導員として任用し,実務を通じて学べる体制を整えています。学内の施設は学部学生と同様に利用でき,課外活動に参加することもできます。

農業の大変盛んな十勝地方に位置する利点を生かして,十勝管内及び管外の農家や農業試験場,農業関連施設などを視察する機会にも恵まれています。

なお,別科は2年間の短期教育であるため,学生の農業体験及び農業教育の有無を考慮し,その基礎の上に教育が行われます。

※本学別科は短期大学ではありません。
※別科の修了者は大学学部への編入学は認められません。

 

詳しくは別科(酪農専修)をご覧ください。

 

主な科目

取得可能資格

家畜人工授精師(牛)

家畜人工授精師になるためには,家畜改良増殖法に基づく所定の授業科目を修得した後,講習会及び審査試験に合格しなければなりません。

審査に合格した者は,合格証明書及び申請書等を整えて現在の居住地を管轄する都道府県知事(本学の場合は帯広市)へ申請し,「家畜人工授精師免許証」の交付をうけます。

認定牛削蹄師

認定牛削蹄師になるためには,社団法人日本装蹄師会の認定規程に基づく所定の授業科目を修得しなければなりません。

所定科目の単位取得者は,科目取得証明書,申請書等を各自で整えて日本装蹄師会へ申請し,「認定証書」の交付を受けます。

主な進路

農業(自営含む),農業団体,海外研修等

各種リンク

学生生活

アクセス

よくある質問

受験生の方へ戻る