取引業者との癒着の発生を防止し,不正使用を事前に防止するための取り組み

帯広畜産大学における物品購入等契約に係る取引停止の取扱要領の周知・徹底

不正な取引に関与した業者については,「帯広畜産大学における物品購入等契約に係る取引停止の取扱要領第3条」に基づき,その内容に応じて,当該認定をした日から一定期間,取引が停止されます。

公的研究費の不正使用とは

本学職員からの依頼により,実態を伴わない虚偽の書類(預け金,品名替等)を作成し,実態があったものとして大学に提出して,不正に研究費を支出させることです。

  • 預け金: 架空の取引により支払われた研究費を,取引先に管理委託させることです。
  • 品名替: 取引事実と異なる品名に書き換えた書類を大学に提出することです。
  • その他: 上記以外の虚偽の書類を作成することです。

不誠実な行為,不正な行為に対する処分

不誠実な行為,不正な行為に対しては,その内容に応じて,当該認定をした日から一定期間,取引が停止されます。

本学の職員から依頼があっても虚偽の書類(架空取引,品名替等)の作成は絶対なさらぬよう,ご協力をお願いいたします。

※公的研究費の不正使用防止に係る誓約書の提出(平成29年5月25日)

関係規程

お問い合わせ

〈取引停止関係〉

経理課検収係
Email: emm032@obihiro.ac.jp
Tel: 0155-49-5234

〈不正使用防止に係る誓約書関係〉

経理課課長補佐
Email: youdo@obihiro.ac.jp
Tel: 0155-49-5256