寄附者特典とご報告

ご寄附をいただいた方への特典について

大学基金への寄附は,法人税法上の全額損金算入を認められている指定寄附金(法人税法第37条第3項第2号),または所得税法上の寄附金控除の対象となる特定寄附金(所得税法第78条第2項第2号)となり,優遇措置をお受けすることができます。

また,ご寄附の金額に応じ,ウェブサイト上への芳名の記載,顕彰(銘板),感謝状の贈呈を行います。

寄附者ご芳名

ご寄附をいただきました皆様には,この場を借りてご支援に厚く御礼申し上げますとともに,感謝の意を込め,ここにご芳名を掲載させていただきます。公開をご希望されないご寄附者につきましては,掲載しておりません。ご寄附者で万が一お名前がもれている場合につきましては,誠に恐縮ではございますが,下記お問い合わせまでご連絡ください。

(財)帯広畜産大学後援会・大学基金寄附者御芳名(銘板)

銘板は,大学基金へご寄附をいただいた方のご芳名を掲載し,末永く謝意の表明をするために作成しており,平成23年10月7日に本学構内かしわプラザ内に設置しております。

この銘板のご芳名掲載の基準につきましては,(財)帯広畜産大学後援会が賛助会員制度を開始した平成10年から現在までに(財)帯広畜産大学後援会の寄附を含めた大学基金への寄附累計金額が,個人は10万円(20口)以上の方,企業・団体等は,20万円(20口)以上で,公表することをご了承いただいた方を掲載いております。

今後,この基準に該当することとなった個人または企業・団体等を,毎年追加掲載していきます。

感謝状の贈呈

大学基金へ多大なご寄附をいただいた方に対して,本学学長より感謝状を贈呈しております。

贈呈の基準につきましては,平成22年の大学基金設立から現在までの寄附累計金額が,個人は50万円(100口)以上,企業・団体等は100万円(100口)以上となります。

基金事業報告

基金受入件数及び受入額(過去3年分)

年度 個人 法人・企業等 合計
平成30年度 件数 494名 68件 562件
金額 13,448,500円 8,568,380円 22,016,880円
平成29年度 件数 423名 63件 486件
金額 10,420,500円 8,194,000円 18,614,500円
平成28年度 件数 394名 56件 450件
金額 6,609,500円 4,040,000円 10,649,500円

基金区分別受入額(過去3年分)

年度 学生修学支援事業基金 大学運営支援事業基金 合計
平成30年度 13,373,000円 8,643,880円 22,016,880円
平成29年度 12,605,500円 6,009,000円 18,614,500円
平成28年度 8,454,500円 2,195,000円 10,649,500円

平成30年度基金事業支出額

学生修学支援事業基金(10,295,400円)

  • 授業料等免除事業
    2,735,400円
  • 学資給付事業
    学部生: 9名 3,240,000円
    大学院生: 8名 4,320,000円

大学運営支援事業基金(2,500,000円)

  • 社会貢献活動支援事業
    2,500,000円

今後,学生の海外留学支援事業や本学施設改修事業などに基金を活用していく予定です。

帯広畜産大学基金報告冊子

支援を受けた学生の声

平成30年度帯広畜産大学基金奨学金による支援を受けた学生の感謝の言葉です。(学年は当時)

  • 畜産科学課程 2年
    奨学金の給付により,生活費工面にと考えていた時間をより専門的になってきた勉学に充てることができました。講義では家畜の生体について栄養面・管理面・生体機能面など様々な視点から学び,家畜生体そのものに興味を持つに加え,家畜生体に関与する細菌・公衆衛生面などについても学ぶことであらゆる視点からの見聞を広めることができた1年となりました。残り2年の学生生活を充実したものにし,支援していただいたことに感謝しながら多くのことを学び,今後の糧にしていきたいと思います。
  • 畜産科学課程 3年
    私はまだ3年生ですが早期卒業をするため,この1年は非常に大変でした。通常の授業に加え,卒業研究であるマウスを用いた原虫感染症へのビタミンE誘導体の効果についての研究も行いました。また,部活動では弓道部の部長を務めさせていただき,第64回全道学生弓道争覇戦においては個人準優勝という結果を収めることができました。この1年を無事終えることができたのは本奨学金のおかげです。また,来年度からは本学大学院へ進学予定のため,さらに高度な知識や技術を身につけ,社会に貢献できるような人間になれるよう,より一層努力していきたいと思っています。
  • 修士課程畜産生命科学専攻 2年
    今年度,私は研究と就職活動を同時進行しなければならず,アルバイトへ時間を割く余裕がありませんでした。加えて,私は道外での就職活動が多く交通費等で経済的に苦しい状況でした。そのなかで,奨学金を授与していただいたおかげで,研究と就職活動に集中することができ,無事希望する就職先から内定を頂くことができました。また,研究も順調に進めることができ,現在は海外の論文雑誌への掲載を目指しています。今後も,ご支援いただいた皆様への感謝を忘れず,社会や大学に恩返しできるよう,より一層勉学に励んで参ります。

お問い合わせ

総務課基金・広報戦略室
Email: u-kikin@obihiro.ac.jp
Tel: 0155-49-5995, 5228
Fax: 0155-49-5229