寄附者特典とご報告

帯広畜産大学へ寄附する

ご寄附をいただいた方への特典について

大学基金への寄附は,法人税法上の全額損金算入を認められている指定寄附金(法人税法第37条第3項第2号),または所得税法上の寄附金控除の対象となる特定寄附金(所得税法第78条第2項第2号)となり,優遇措置をお受けすることができます。

また,ご寄附の金額に応じ,ウェブサイト上への芳名の記載,顕彰(銘板),感謝状の贈呈を行います。

寄附者ご芳名

ご寄附をいただきました皆様には,この場を借りてご支援に厚く御礼申し上げますとともに,感謝の意を込め,ここにご芳名を掲載させていただきます。公開をご希望されないご寄附者につきましては,掲載しておりません。ご寄附者で万が一お名前がもれている場合につきましては,誠に恐縮ではございますが,下記お問い合わせまでご連絡ください。

(財)帯広畜産大学後援会・大学基金寄附者御芳名(銘板)

銘板は,大学基金へご寄附をいただいた方のご芳名を掲載し,末永く謝意の表明をするために作成しており,平成23年10月7日に本学構内かしわプラザ内に設置しております。

この銘板のご芳名掲載の基準につきましては,(財)帯広畜産大学後援会が賛助会員制度を開始した平成10年から現在までに(財)帯広畜産大学後援会の寄附を含めた大学基金への寄附累計金額が,個人は10万円(20口)以上の方,企業・団体等は,20万円(20口)以上で,公表することをご了承いただいた方を掲載いております。

今後,この基準に該当することとなった個人または企業・団体等を,毎年追加掲載していきます。

感謝状の贈呈

大学基金へ多大なご寄附をいただいた方に対して,本学学長より感謝状を贈呈しております。

贈呈の基準につきましては,平成22年の大学基金設立から現在までの寄附累計金額が,個人は50万円(100口)以上,企業・団体等は100万円(100口)以上となります。

基金事業報告

基金受入件数及び受入額(過去3年分)

年度 個人 法人・企業等 リサイクル募金 合計
令和2年度 件数 553名 69団体 27件 649件
金額 16,314,358円 7,554,719円 297,702円 24,166,779円
令和元年度 件数 568名 76団体 644件
金額 11,423,377円 7,808,680円 19,232,057円
平成30年度 件数 540名 71団体 611件
金額 13,738,000円 8,668,380円 22,406,380円

基金区分別受入額(過去3年分)

年度 学生修学支援事業基金 大学運営支援事業基金 合計
令和2年度 15,937,933円 8,228,846円 24,166,779円
令和元年度 11,355,249円 7,876,808円 19,232,057円
平成30年度 13,652,500円 8,753,880円 22,406,380円

令和2年度基金事業支出額

学生修学支援事業基金(11,255千円)

  • 授業料等免除事業
    2,735千円(授業料免除12名,入学料免除4名)
  • 学資給付事業
    8,520千円(学部生12名,大学院生7名)

大学運営支援事業基金(0千円)

  • 社会貢献活動支援事業
    0千円

※新型コロナウイルス感染症の影響により,大学運営支援事業については,令和2年度は,十勝ジンギスカン会議をはじめとする「ちくだいらんぷ事業」を全て実施中止としました。

帯広畜産大学基金報告冊子

支援を受けた学生の声

令和2年度帯広畜産大学基金奨学金による支援を受けた学生の感謝の言葉です。(学年は当時)

  • 畜産科学課程 1年

    この度は帯広畜産大学基金奨学生として採用していただき、心より感謝申し上げます。今年度は新型コロナウイルス感染症の影響により、ほとんどの授業がオンラインにて行われ、慣れないことの連続、さらにはアルバイトも自粛等で思うようにできない状況でした。そんな中、皆様からの温かいご支援により、精神面、経済面での負担が軽くなり、学業へ集中することができました。来年度からはユニットへの分属があり、一年生で学んだ基礎知識や一般教養に加え、より専門的な学びへと移っていきます。奨学生として感謝の心を忘れず、今後の大学生活でも多くの事を吸収し、勉学に励んでいきたいと思います。

  • 共同獣医学課程 4年

    この度は帯広畜産大学基金奨学金に採用していただき誠にありがとうございます。本奨学金のおかげで金銭面での負担が減り、より学業に集中することができました。また、感染症の流行によりいまだに安定してアルバイトを行うことができないため、奨学金をいただき本当に助かっています。私は現在共同獣医学課程の4年生で、4カ月ほど前に研究室に配属されました。私の所属している研究室はバベシア病の病態の解明や、偶蹄類マラリアについて研究しています。今は獣医学の勉強に加え、研究のための実験の手技や理論について学んでいます。今後研究していくにあたって、奨学金をいただいていることに心から感謝し、きちんと恩を返せるように精進していきたいと思います。

  • 大学院畜産科学研究科畜産科学専攻 2年

     まず初めに、昨年度から引き続き、帯広畜産大学基金奨学金の奨学生に採用していただきありがとうございました。今年度は、新型コロナウイルスの影響もあり、例年よりもアルバイト収入が減少し、かなり生活が厳しい状況だったため、本奨学金のおかげで研究に専念することができました。研究は、マウスを用いた原虫感染症の治療薬の研究を行っており、この研究により、少しでも多くのヒトや動物の命が救うことが出来れば良いと考えています。春からは、製薬会社の研究職として民間企業で働くことが決まっており、これまで帯広畜産大学で学んできたことを生かして、社会に貢献していきたいと思っています。最後に、私が無事大学院を修了することができるのは、学部生の頃からの本奨学金の支援のおかげです。本当にありがとうございました。

お問い合わせ

企画総務課基金・広報係
Email: u-kikin@obihiro.ac.jp
Tel: 0155-49-5219
Fax: 0155-49-5229