学生と地域がつながるまちづくり支援事業

 帯広畜産大学は,わが国唯一の国立農学系単科大学であり,日本の食料基地・十勝のフィールドを活用した実学教育を展開しているほか,十勝に所在する唯一の4年生大学として,全国から学生を集め,その多くを道内に輩出しています。一方,道外出身者が6~7割を占め,十勝への理解や地域との関わりが少ないまま卒業する学生も少なくありませんでした。

  そこで本学は帯広市や関連機関と連携し,在学中から卒業後までを見据えた学生と地域とのつながりを強化することを目的として「学生と地域がつながるまちづくり支援事業」を実施しています。

 本事業は,学生が十勝について学び,理解を深めることで,地域への興味や関わりを持ち,自主的に十勝とつながるきっかけづくりを目指す「関係人口候補化プログラム」,,学生が企画・実施するまちづくり活動を支援することで,地域愛の醸成や新たな視点からの地域活性化を図る「アクション支援プログラム」の2本のプログラムで構成しており,十勝を理解し,十勝で活動するための様々な事業を実施しています。

関係人口候補化プログラム

1.十勝について学ぶ地域連携型授業の実施

とかち学

 十勝の歴史,文化,自然,産業,地方創生などについて,行政,企業,地域団体等から講師を招き,十勝の現状や課題,将来展望について学びます。本授業は市民開放授業として一般の方も受講が可能です。

市民開放授業の申込はこちらから

 その他にも1年生の必修科目である,キャリア教育や全学農畜産実習の中でも十勝について学ぶ機会を提供しています。

2.現場を深く知る課外教育の実施

十勝旅

 北海道中小企業家同友会とかち支部と連携し,主に新入生を対象に,農畜産物の生産から加工まで一連の現場を巡るバスツアーを実施しています。農業・企業経営者の方の取り組みや想いを実際に現場で見聞きすることで,十勝の産業への理解を深めます。

令和2年度実施内容 

「十勝旅~秋の牛肉編~」
肉牛を肥育・育成する牧場を見学し生産者の想いを聞くとともに,食肉加工業者を始めとした十勝管内の食品関連企業の皆様から自社の取り組みに関する説明を受けました。

牧場見学の様子
管内企業経営者から説明を受ける学生
 
経営者とガチで学ぶ交流会×勉強会

 北海道中小企業家同友会とかち支部と連携し,十勝の経営者の方々が行っている勉強会に学生が参加できる機会を提供し,社会人と同じ目線で学び・意見を交わすことで,互いに様々な刺激を受けながら交流を深めます。

令和2年度の実施内容

「「農業×民泊」まずは民泊って何するの?農業とのハイブリットで起こす未来とは?」と題して,民泊や農村漁村滞在型旅行(農泊)について学びを深めました。詳細はこちらをご覧ください。


3.学生と十勝をつなぐプログラムの開発

ちくだいスタートアップ体験プログラム

 十勝と縁のある現役社会人による起業教育プログラムを実施します。ビジネスの基礎知識やビジネスプランニングについて学びながら、学生と社会人による新たなコミュニティーの創出を目指します。

プログラムを受講する学生
プログラム最終回のビジネスプランコンテスト

 

 

 

 

 

 

 

詳細はこちら

アクション支援プログラム

1.企画運営の体験機会の提供

十勝ジンギスカン会議

 学生が主体となって十勝の美味しいジンギスカンを全国にアピールすると共に,地域の皆様と交流を深め,地域の活性化を目指して平成27年度から実施しているイベントです。

 本イベントに参画した学生が,事業の企画運営に関する経験やスキルを高めることを目指しております。

肉の販売を行う学生
当日の会場風景

 

2.地域活性化に向けた自主的活動の支援

ちくだいらんぷプロジェクト

 「学生のチャレンジ」をキーワードに,学生が十勝を元気にするために企画した様々な取組を支援するプロジェクトです。

学生によるカーリング教室の様子
学内で養蜂にチャレンジする学生

 

 

 

 

 

 

 

 

詳細はこちら

3.地域産業の活性化支援

学生と地域企業の共同研究

 学生が教員の指導の下,地域・企業のニーズや課題を踏まえ,地元企業等と共同研究を実施します。

 令和2年度に本学と共同研究を実施した地元企業の皆様は以下のとおりです。