田上 正明

特任教授

Masaaki Tagami

研究テーマ

馬の画像診断・整形外科手術・軟部組織外科手術・再生獣医療

My Dream

馬の健康と福祉に寄与すること

所属・担当

研究域獣医学研究部門/臨床獣医学分野/産業動物獣医療学系

動物医療センター/産業動物診療科

研究分野 馬の臨床(外科手術)
キーワード 馬の臨床, 馬の外科手術, 関節鏡, 腹腔鏡, 内視鏡, サラブレッド, ばんえい競馬, 乗馬・競技馬

研究紹介

本学の動物医療センター産業動物診療科には馬の二次診療や外科手術を行うために、診療室・麻酔導入/覚醒室・手術室・入院(術後・集中治療)馬房などの施設があり、レントゲン(DR)・超音波・内視鏡・CTなどの画像診断装置を駆使し的確な診断を行い、それに基づく治療・外科手術を行えるようになっています。
また、往診や来院による馬の一次診療や画像診断装置を搭載した画像診断車による往診も可能となっています
このような施設と設備を利用して、多くのサラブレッドの外科手術や診療で培われた技術と知識や経験をもとに、馬の様々な疾患に対する診断・治療(外科手術)水準のさらなる向上を図ることならびに実際の馬の診療を通して馬の臨床獣医学の教育と啓蒙を行うことが私の研究の目的です

現在取り組んでいる研究テーマ一覧

  • 馬の整形外科手術・軟部組織外科手術・再生獣医療
  • 馬の関節疾患の病態の解明と治療法
  • 馬の鏡視下手術(関節鏡・腹腔鏡・内視鏡)
  • 競走馬(サラブレッド)以外の馬の診療・外科手術
関連産業分野 競走馬(サラブレッド)の生産・育成・競走, ばんえい競馬, 社台ホースクリニック・社台グループ
所属学会 日本獣医麻酔外科学会, 日本獣医画像診断学会, 日本ウマ科学会
資格 獣医師
自己紹介

過去38年間にわたって馬(サラブレッド)の臨床獣医師として仕事をしてきました。1992年に社台ホースクリニックを創設し以来一万頭を超える馬の外科手術を行ってきました。その経験と知識を大学での馬の診療・研究・教育に生かしていければと考えています。

居室のある建物産業動物診療棟
メールアドレス masaaki atmark obihiro.ac.jp