ちくだいスタートアップ体験プログラム講師のみなさま

野村 幸司 株式会社エントライズ・マネジメント 代表取締役 中小企業診断士

地方銀行にて法人向け融資,融資審査,事業再生支援等に従事。銀行では約5,000社の企業や経営者を担当。2011年に中小企業診断士として独立し,中小企業経営者や創業希望者への事業計画書作成支援,資金調達,資金繰り改善支援を中心に,経営者に寄り添いながらお金の不安の解消からビジョン実現までの行動をトータルでサポートしている。 著書「銀行なんか怖くない!上手に融資を受けるための銀行取引のツボ」(労働調査会)

担当:事業計画,ビジネスプランニング

北村 貴 株式会社グロッシー代表取締役

食と地域をテーマとした消費者マーケティングを実施。企業の商品開発やプロモーションを行う一方,価値ある生産者の活動を応援し続けている。

担当:フィールドワーク

白石 友柄 NPO教育支援協会北海道 専務理事/北海道教育委員会 社会教育委員*学びと遊びの達人*board gamer*tea stylist*gems leader

小学生向けの放課後教育を本業としながら,小学生向けのビジネス教育なども行う。アクションを取り入れたワークショップを得意する。テーマは【学びと遊びを分けない】

担当:ビジネスプランニング,モチベーション

二宮 翔平 株式会社NKインターナショナル IT事業部 クリエイティブディレクター

企業のビジョンやコンセプトを深く読み解き,デザインで表現することを得意とするデザイナー。グラフィックからWEBまで幅広く,実務からディレクションまで幅広くこなす,プレイングマネージャー

担当:コンセプトワーク

中神 美佳 インターステラテクノロジズ株式会社 広報担当

十勝・大樹町出身。大学卒業後、自動車メーカーのマーケティング部門で6年働いた後,2015年地元である北海道大樹町へUターン。同町の地域おこし協力隊として3年間,地域おこし活動に奮闘。2018年春にスマイルズに入社し,各事業ブランドの広報やコーポレートブランドの広報を担当。2019年春からは北海道にてリモートワーク,北海道案件のプロジェクトマネージメントを行う。2020年9月からは大樹町のロケット開発企業インターステラテクノロジズで広報担当として活躍している。

担当:マーケティング ※令和元年度とかち学講師

大石 富一 有限会社大石農産代表取締役

ダイコン生産者という顔のほか,道内23の農業生産法人や企業が力を合わせて生産・販売を行う団体を設立した経験など,ビジネスと農業の両立について,新しい世界の在り方について常に模索し,情報発信している。

担当:フィールドワーク ※令和元年度十勝旅幹事

岩崎 方保 北海道オーガニックビーフ振興協議会(HOBA)事務局次長 マルハニチロ株式会社 畜産商事ユニット 畜産第一部 国産牛肉課課長代理

国産オーガニックビーフを流通させた立役者,国産牛肉に関わり22年。北海道・九州・東京勤務を経て現在十勝帯広在住。 1年間の育児休暇も経験,型破りなサラリーマン。

担当:フィールドワーク

野村 昌広 株式会社MEMU EARTH HOTEL 代表取締役

東京出身。2017年に勤めていた新聞社を退社し,慶應ビジネススクールにてMBA取得。同年11月,株式会社MEMU EARTH HOTELを設立し,代表取締役を務める。翌年には大樹町に「地球に泊まり,風土から学ぶ」をコンセプトとする「MEMU EARTH HOTEL」をオープンする。2019年には農業法人北洋ガーデンファーム株式会社の代表取締役に就任し,幅広く活躍をしている。

担当:フィールドワーク

菊地 亜希 菊地ファーム 副代表 乳製品製造・カフェ担当

千葉県出身。帯広畜産大学卒。2009年に大学の先輩である夫の亮太さんと広尾町で新規就農。およそ85頭の牛を放牧で飼養する傍ら,2018年から牧場内に「kikuchifarm cafe」をオープンし,搾りたての牛乳で作る自家製ジェラートや廃用となった牛を使用した牛肉メニューを提供している。また,2013年から一次産業に触れる体験型イベント「ピロロフェス」の実行委員長を務め,2019年には「ピロロツーリズム推進協議会」を設立し,酪農のみならず広尾町の魅力も発信している。

担当:フィールドワーク ※令和2年度とかち学講師