野生生物保全管理講習会

※新型コロナウイルス感染状況によっては,野外実習を中止し,座学講座(オンライン)のみとする場合がありますのでご了承ください。 

開催目的

人の活動は様々な面で野生生物に影響を与えており,種の減少・絶滅の主な要因となっています。一方で,野生生物による農畜産物への被害等,野生生物が人の活動に与える影響も少なくありません。特に十勝地方は農畜産業を基幹産業としており,人と野生生物がどのように関わっていくべきかが大きな課題となっています。

国立大学法人帯広畜産大学は,北海道の基幹産業である農畜産業を始めとする経済活動と,自然生態系における生物の多様性を両立し,農業生態圏と自然生態圏の共生を実現できる「農業共生圏高度専門家」の育成を目指し,以下の内容で講習会を実施します。

なお,この講習会は,帯広畜産大学の学生も受講を予定しています。受講生の皆様と共に学ぶことで,学生の就職観の醸成と関連業態への理解がより深まることを期待しています。

また,今年度は野外実習と座学講座の実施日を分け,野外実習は本学において対面で,座学講座はZoomを利用したオンラインで実施いたします。

目指す人材像

人の経済活動と生物多様性が両立した農業共生圏の実現に向けて,野生生物の保全管理に関する基本的な知識と技術を持つ人材の育成を目指します。

開催内容

座学及びフィールドでの実技を通じて,野生生物の保全管理に関する正しい知識と技術を習得します。

詳細は開催要項をご覧ください 

野生生物保全管理講習会 開催要項(外部機関用)

野生生物保全管理講習会 開催要項(学生用)

対象者

  • 環境コンサルタント等民間企業や行政機関で,野生生物の保全管理に関する業務を担当している方
  • 野生生物の保全管理に関する基本的な知識と技術の習得によるスキルアップを目指す方

定員 ①全日程受講者:20名(先着) ※学生は10名
   ※1機関につき原則として2名までといたします。
   ※新型コロナウイルス感染症対策のため,原則道東地域方に限ります。
   ②選択受講者(座学のみ):定員なし
   ※座学はオンライン実施のため全国からご参加いただけます。   
   ※ただしグループワークは定員20名とし,全日程受講者を優先いたします。

開催日

野外実習 ・10月26日(火)14:00~16:00
     ・10月27日(水) 8:00~12:00

座学講座 ・11月 1日(月)13:00~17:20
     ・11月 8日(月)13:00~17:20
     ・11月15日(月)13:00~16:50
     ・11月22日(月)13:00~17:00

申込方法

下記申込フォームから直接お申込みください。

申込期間  全日程受講者:8月16日(月)9時から9月10日(金)17時まで
      全日程受講者の申込は締切ました。
      選択受講者 :8月16日(月)9時から9月30日(木)17時まで

申込フォーム

本学学生は下記の申込フォームからお申込みください。

申込フォーム(学生)

※申し込みフォームからのお申込みができない場合は,受講申込み書データをお送りいたしますので,下記お問合せ先へメールにてご連絡ください。

野生生物保全管理講習会に関するお問い合わせ

国際・地域連携課 地域連携係

Email:wildlife@obihiro.ac.jp

Tel:0155-49-5776