入学料授業料免除

高等教育修学支援新制度について

 2020年度より、国の施策により、給付奨学金の拡充および新しい授業料免除制度が実施され、本学は、「大学等における修学の支援に関する法律」による高等教育の修学支援新制度の対象機関となりました。

 「高等教育の修学支援新制度」は①入学料減免、②授業料減免、③給付奨学金(原則返済不要)の3つを柱とした支援を行うものです。①入学料減免、②授業料減免を申込む方は、原則として③給付奨学金も申し込んでいただきます。給付奨学金はコロナウイルスへの対策をした上で説明会を4月より複数回開催します。「高等教育の修学支援新制度」に申し込む方は、説明会の開催日等を確認してください。

高等教育修学支援新制度説明会日程(高校等で修学支援新制度に申し込みをし、貸与のみの判定となった方も、左記説明会日程をご確認ください)

※「高等教育修学支援新制度説明会」に参加できない場合は事前に下記問い合わせ先にご相談ください。

※参加される前には下記「支援措置の対象となる学生等の認定要件について(文部科学省)」を必ずご確認ください。

なお、「高等教育修学支援新制度」では、予期できない事由により家計が急変し、急変後の収入状況が住民税情報に反映される前に緊急に支援の必要がある場合には、急変後の所得の見込みにより要件を満たすことが確認されれば、支援の対象となります。
 詳細はこちらをご覧ください。

入学料の減免及び徴収猶予等について

入学料の減免について

 2020年度から本学の入学料減免は「高等教育の修学支援新制度に伴う入学料減免」と「帯広畜産大学独自の入学料減免」の二制度により実施されます。それぞれの制度において申請できる対象者および減免額が異なりますので、下記説明をご確認いただき自身が該当する制度に申請してください。

 

高等教育の修学支援新制度による入学料減免
対象学生

日本人学部新1年生のみ
大学に進学するまでの期間に関する条件がございますので、
 詳細は下記アドレスをご確認ください。

https://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/hutankeigen/index.htm
参考:支援措置の対象となる学生等の認定要件について(文部科学省)


必要事項を入力することで、本制度の対象となりそうかどうかを
 大まかに調べる
ことができる「進学資金シミュレーター」が
 下記アドレスにございますので、
事前にご確認いただくことをお勧めいたします。
https://www.jasso.go.jp/shogakukin/oyakudachi/shogakukin-simulator.html

支援内容

日本学生支援機構による「高等教育の修学支援新制度」において、

「区分Ⅰ」「区分Ⅱ」「区分Ⅲ」に認定された学生を対象に入学料を減免します。
「区分Ⅰ」は「入学料の全額」
「区分Ⅱ」は「入学料の2/3」
「区分Ⅲ」は「入学料の1/3」
を減免します。

申  請

「高等教育の修学支援新制度」による授業料減免を申請することにより,
同時に入学料減免も申請されたものとなりますので、
下記掲載の授業料減免に関する関係書類をダウンロードして提出してください。
(入学料減免のみの申請手続きは不要です)

帯広畜産大学独自の入学料減免
対象学生

別科、外国人留学、大学院の各新1年生

※ただし、日本人学部新1年生で、入学前1年以内に、学資負担者が死亡または学部等に入学する学生若しくは学資負担者が風水害等の災害を受け「全壊」「大規模半壊」「半壊」の判定を受けた方については別途対応しますので、該当する場合は事前に学生支援課まで申し出てください。

支援内容 本学独自の入学料減免制度では、本学の入学料減免予算額の範囲内において、本学が定める学力基準及び家計基準(家計困窮度)の双方を満たした者の中で、家計困窮度が高い者から順に「全額免除」、「半額免除」、「徴収猶予」の3区分で決定します。
基準を満たしていない申請は「不許可」となります。
申  請 入学手続書類に同封の「入学料免除(猶予)等の申請について」をご確認いただき、入学期間中に申請書を請求して、所定の期間内に必要書類を揃えて提出してください。

 

授業料の減免及び徴収猶予等について

授業料の減免について

 2020年度から本学の授業料減免は「高等教育の修学支援新制度に伴う授業料減免」と「帯広畜産大学独自の授業料減免」の二制度により実施されます。それぞれの制度において申請できる対象者および減免額が異なりますので、下記説明をご確認いただき自身が該当する制度に申請してください。

なお、授業料の減免については学期ごとに審査を行いますので、例えば前期で申請し減免を受けた場合でも、後期に再度の申請が必要です。

高等教育の修学支援新制度による授業料減免
対象学生

日本人学部学生のみ
大学に進学するまでの期間に関する条件がございますので、
 詳細は下記アドレスをご確認ください。

https://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/hutankeigen/index.htm
参考:支援措置の対象となる学生等の認定要件について(文部科学省)


必要事項を入力することで、本制度の対象となりそうかどうかを
大まかに調べることができる「進学資金シミュレーター」が
下記アドレスにございますので、事前にご確認いただくことをお勧めいたします。

https://www.jasso.go.jp/shogakukin/oyakudachi/shogakukin-simulator.html

支援内容 日本学生支援機構による「高等教育の修学支援新制度」において、
「区分Ⅰ」「区分Ⅱ」「区分Ⅲ」に認定された学生を対象に授業料を減免します。
「区分Ⅰ」は「授業料の全額」
「区分Ⅱ」は「授業料の2/3」
「区分Ⅲ」は「授業料の1/3」
を減免します。
申  請

下記掲載の申請書類「授業料等減免認定申請書(A様式1)」(以下、「A様式1」という)等をダウンロードし、必要書類を揃えて
4月8日(金)(日本人学部新1年生は4月21日(木)) までに
学生支援課へご提出ください(郵送の場合は「一般書留」にてお願いします)。

なお、「高等教育の修学支援新制度による」授業料減免は給付型奨学金の申込をセットで行うことが原則となるため、ほとんどの方が「様式1」のみの提出となります。
「A様式1」裏面の注意事項をよく読み、該当する方のみ「別紙1」、「別紙2」、「別紙3」をご提出ください。

 授業料等減免認定申請書(A様式1) 記載例はコチラ
 
別紙1【該当者のみ】
 別紙2【該当者のみ】

 別紙3【該当者のみ】

継続申請

高等教育修学支援新制度により前期の授業料の減免措置をされた学生で、
後期も引き続き高等教育修学支援新制度を受けることを希望する方は、
下記掲載の継続申請書(A様式2)を所定の期日(授業料免除選考結果通知書に記載)までに
学生支援課へ提出してください。

  継続申請書(A様式2)[pdf]

  継続申請書(A様式2)[word]

帯広畜産大学独自の授業料減免
対象学生

別科生、外国人留学生、大学院生、2019年4月入学以前の日本人学部生

※授業料の各期毎の納期前6月以内(新入学生については入学前1年以内)に、学資負担者が死亡または学部等に入学する学生若しくは学資負担者が風水害等の災害を受け「全壊」「大規模半壊」「半壊」の判定を受けた場合は、全学生が対象学生となります。

支援内容 本学独自の授業料減免制度では、本学の授業料減免予算額の範囲内において、本学が定める学力基準及び家計基準(家計困窮度)の双方を満たした者の中で、家計困窮度が高い者から順に「全額免除」、「半額免除」、「徴収猶予」の3区分で決定します。基準を満たしていない申請は「不許可」となります。
申請方法

新入生は入学手続書類に同封の「授業料免除(猶予)等の申請について」をご確認いただき、入学期間中に申請書を請求して、所定の期間内に必要書類を揃えて提出してください。

在学生は掲示板・ポータルサイトで通知する「授業料免除説明会」に参加していただき、説明会で受け取った申請書を、所定の期間内に必要書類を揃えて提出してください。

学期ごとに申請が必要になりますので、忘れずに手続きをしてください。

 

注意

  1. 2020年4月入学以降の日本人学部生は、「高等教育の修学支援新制度による授業料減免」にのみ申請することができます。※授業料の各期毎の納期前6月以内(新入学生については入学前1年以内)に、学資負担者が死亡または学部等に入学する学生若しくは学資負担者が風水害等の災害を受け「全壊」「大規模半壊」「半壊」の判定を受けた場合は、「帯広畜産大学独自の授業料減免」に申請することができます。
  2. 2019年4月入学以前の日本人学部生は、「高等教育の修学支援新制度による授業料減免」及び「帯広畜産大学独自の授業料減免」のいずれか、もしくはその両方に申請することができます。
  3. 別科生、留学生、大学院生は、「帯広畜産大学独自の授業料減免」にのみ申請することができます。

 

大学院畜産学研究科社会人学生の授業料減免
対象学生

社会人学生(大学院)

※社会人学生とは、大学院畜産学研究科に在籍する学生のうち官公庁、企業等に在職している者、もしくは自ら事業を行っている者をいう。

支援内容 社会人学生の授業料減免制度では、学業が優秀と認められる者に対し、次の各号のいずれにも該当する場合、授業料の半額を免除をします。

  1. 勤務先等より授業料の半額相当以上に支援を受けていないこと
  2. 本学において,ティーチングアシスタント又はリサーチアシスタントとして従事することができないこと
  3. 標準修業年限を超えて在籍していないこと,または認められた長期履修期間を超えて在籍していないこと。ただし,やむを得ない理由の場合を除く。
  4. 在籍中において,帯広畜産大学大学院学則(平成16年学則第2号)第25条に規定する懲戒処分を受けていないこと

※本学が定める学力基準及び家計基準(家計困窮度)の双方を満たした者に適用する上記「帯広畜産大学独自の授業料減免」制度との併願可能。

申請方法

下記申請書類「優秀社会人学生授業料免除申請書」をダウンロードし、必要事項を記入のうえ免除を希望する期の開始日以降、4月末日までに学生支援課へご提出ください(郵送の場合は「一般書留」にてお願いします)。なお、引き続き後期も当該制度に申請する場合は、別紙様式に必要事項を記入の上、10月末日までに学生支援課へご提出ください。

 優秀社会人学生授業料免除申請書

提出・問い合わせ先

帯広畜産大学学生支援課 学生生活支援係
TEL 0155-49-5310
E-mail sien@obihiro.ac.jp
〒080-8555 帯広市稲田町西2線11番地