SATO Masatoshi Assistant Professor

ThemeElucidate the species composition and habitat of mire and spring head vegetation in Hokkaido

Field

Vegetation Science, Plant Ecology

Keyword

Vegetation, Plant community, Habitat, Mire, Spring head, Monitoring, Endangered species, Life history, Viodiversity

Instructable research topic for doctoral thesis

  • 湧水地・湿原・河川・森林などにおける植生と立地に関する研究
  • 希少種の生育状況や発芽特性に関する研究
  • 帰化植物種の生育状況や侵入状況に関する研究
  • 郷土の森を目指す植樹地における樹木の生育状況に関する研究
  • 地域の植生の面積変遷に関する研究

Message

野外の植物に関心を持って現在の帯広畜産大学に入学した学生はごくわずかと思いますが、そのような学生の来室を歓迎します。そうでない学生も(植物抜きで)歓迎します。植生や植物の生活史についてはもちろん、その他の分野も広く浅く指導可能です。私も動物や鳥や昆虫に比べて植物が大好き、というわけではありません。そういう人間どうしで4年生の1年間、卒業研究を進めていく機会が持てることを楽しみにしています。せっかく北海道にいるのですから、ぜひ動植物を通して北海道の自然を少しでも体に刻み込んで欲しいと思います。その上で、畜産という仕事やそれに携わる生き方について、じっくりと考えてもらえるとよいですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
Academic degree M.Sci.
Room addressGeneral Research Building 2
Mail address satomasa atmark obihiro.ac.jp

Belongs

Research Department/Department of Agro-environmental Science/Division of Ecology and Environmental Science/Section of Ecology and Environmental Science

List of current research topics

  • Species composition and habitat of Spring head vegetation
  • Effect of cattle disturbance on the Betula ovalifolia community, the endangered species
  • Fluctuation of number of endangered species growing in riverside
  • Vegetation transition in the afforested area aimed at natural forest
Affiliated academic society The Society of Vegetation Science, The Ecological Society of Japan