ごあいさつ

原虫病研究センター センター長
玄 学南

帯広畜産大学原虫病研究センターは創立から四半世紀が過ぎました。当初(1990年)は学内共同利用施設として設置されましたが,その後活動内容や業績が高く評価され,2000年には全国共同利用施設として,また2009年には共同利用・共同研究拠点として文部科学省に認定されました。これまでに日本で唯一の原虫病に特化した研究拠点として,原虫病の監視・制御に関する基礎から応用にいたる研究を牽引すると共に,国内外に多くの原虫病専門家を輩出してきました。

多くの原虫病は動物の生産性を著しく低下させる主因であり,原虫病に対する正確な診断法,有効な予防法ならびに安全な治療法の開発は,地球規模での喫緊の課題となっています。このような課題を解決するために,本センターでは動物の各種主要病原原虫および原虫を媒介する節足動物について,包括的にゲノム・トランスクリプトーム解析を行い,独自のゲノム・トランスクリプトームデータベースを構築し,世界中に発信しています。これらのデータベースを足掛かりにして,診断・予防・治療法の研究を精力的に進めており,その一部は臨床現場ですでに実用化されています。

2007年には,本センターの二つの研究室が国際獣疫事務局(OIE)リファレンスラボラトリーとして認定され,その翌年には全センターがOIEコラボレーティングセンターとして認定されました。昨年度には,OIEレファレンスラボラトリーとして新しく求められている国際規格ISO/IEC17025: 2005の認定を取得しました。国内外の関連機関からの診断依頼に対する確定診断の実施や国際標準診断法の提供等を行い,世界中の動物原虫病の監視・制御に貢献しています。

また,1995年から20余年にわたりアジア・アフリカ・中南米の発展途上国から研究者を受け入れ,約10ヶ月間の教育研修を実施しています。これまでに約200名近くの研修生が修了し,帰国後各国の獣医畜産行政や感染症研究・教育において中核的役割を果たしています。JICA研修員や大学院修了者ら(約300名)により構築された国際ネットワークは,本センターはもとより,大学全体の教育・研究活動を支える欠かせないインフラとなっています。

本センターは,今後も日本における原虫病研究を先導し,また,国内外の次世代原虫病専門家育成の使命を果たして行く所存ですので,どうぞご支援の程よろしくお願い申し上げます。