スタッフ

後藤 達彦

助教

研究テーマ

家畜動物が示す表現型の多様性に関わる遺伝的基盤の解明

My Dream

家畜の様々な表現型の多様性に関する複雑な遺伝的基盤を紐解く

所属・担当

グローバルアグロメディシン研究センター 農畜産学研究部門

研究域 生命・食料科学研究部門 家畜生産科学分野 生命科学系

学部(主な担当ユニット)

家畜生産科学ユニット

大学院(主な担当専攻・コース)

畜産科学専攻 家畜生産科学コース

研究分野 動物遺伝育種学, ゲノム科学, バイオインフォマティクス, 神経科学
キーワード 遺伝学, ゲノム, ニワトリ, 表現型, バリエーション, ゲノミクス, マッピング, 遺伝子, 家畜化, 行動

研究紹介

家畜動物が示す様々な表現型の多様性を制御する遺伝的機構を理解するための研究

  1. 『ニワトリの遺伝形質(産卵数・卵サイズ・卵殻色など)に関する遺伝解析』:ニワトリが示す、生産性や品質などに関与する遺伝子座の位置を明らかにする。それらが、どのような遺伝的機構によって制御されているのかといった概要を理解する。
  2. 『家畜動物の集団ゲノム解析』:複数集団の全ゲノム情報を利用して、それぞれの集団においてのみ認められる、ゲノム上の特徴を明らかにする。例えば、生産性などの表現型の特徴が大きく異なる集団間において、有意に異なるゲノム領域を見つけていく。
  3. 『動物の家畜化に関するゲノム解析』:家畜動物の複数品種およびその野生原種などのゲノム情報を比較して、家畜化の過程で変化してきた遺伝的変異を探索する。

現在取り組んでいる研究テーマ一覧

  • ニワトリのメンデル形質および量的形質に関する遺伝解析
  • 家畜動物の集団ゲノム解析
  • 動物の家畜化に関する遺伝解析
  • 鶏卵の味に関する遺伝および環境要因の探索
関連産業分野 畜産業
所属学会 日本畜産学会, 日本家禽学会, 日本動物遺伝育種学会, International Society for Animal Genetics, Society for Molecular Biology & Evolution
学位 博士(農学)
居室のある建物 総合研究棟I号館
部屋番号 S3102-1
メールアドレス tats.goto atmark obihiro.ac.jp

卒業研究として指導可能なテーマ

  • 多様な日本鶏品種を用いた、産卵性能に関するゲノム領域の探索
  • 鶏卵の代謝産物における遺伝および環境要因の影響
  • ニワトリの喧騒性に関する行動解析
  • ニワトリの外貌に関する遺伝解析

メッセージ

食を支える重要な「畜産」の研究は、基礎科学から産業応用まで広がる可能性をもつ楽しいものです。私は、家畜動物が示す表現型の多様性に関わる遺伝的機構の理解を進めることによって、将来の「畜産」に貢献できるような研究を続けていきたいと考えています。
若い時期には、新しいものを貪欲に学んでいく姿勢はとても大事です。何事も前向きに捉えてチャレンジを続けて、一人の人間としての幅を広げていくことは、自分の将来の様々な段階において必ず役に立ちます。今しかできない、ココでしかできない、将来を見据えた大学生活を送ってください。
まだ世界中の誰も知らない新発見ができる、最先端の研究の世界に入ってみませんか?先人たちが書き残した書物を読み、疑問を解き明かし、後世のために書き残す、といった研究のサイクルを通して、自分の将来に役立つ多くのものを学んで欲しいです。研究に限らず、何かに熱意をもっている学生を歓迎します。