GAMRC特別セミナー

コーネル大学およびウィスコンシン大学マディソン校から研究者を招へいし,GAMRC特別セミナーを開催しております。

2019年度

コーネル大学

講師氏名 開催日 演題
Sonam Sherpa 5月10日 センシング技術を利用した土壌診断:既存の土壌分析法の精度はコストに見合っているか?
Susan Suarez 8月28日 Interactions of Sperm with the Female Reproductive Tract

ウィスコンシン大学マディソン校

講師氏名 開催日 演題
Amaya Atucha 4月24日 Cold climate fruit production: Tackling the challenges of grape and cranberry production in the U.S. Midwest
Jiwan Palta 6月7日 Basic condepts, environmental fluctuations (daily, frontal, annual) and plant response
Jiwan Palta 6月14日 Coping strategies (tolerance vs avoidance): Freezing, chilling, heat, drought, flooding)
Jiwan Palta 6月21日 Breeding for stress survival and stress mitigation strategies: Merging pysiological and genetic approaches
Murray Clayton 11月25-29日

Short Course of Statistics 2019

Understanding concepts and ideas of statistical methods for designed experiments

2018年度

コーネル大学

講師氏名 開催日 演題
Helena De Tar 4月3日 アニマルシェルターにおける猫の疾病とその予防について
Harold van Es 7月11日 デジタル農業技術による農業生産の持続性向上と大学初ベンチャー企業の創出
Manigandan Virapin 3月5日 Protozoan Parasites and Tick Testing at the AHDC, Cornell University
Dwight Bowman 3月5日 Parasitology and Veterinary Parasitology in the USA – Current Status
Linda Mittel  3月5日 Clinical and serological diagnosis of Besnoitia bennetti infection in donkeys
Araceli Lucio-Forster 3月5日 Discovery through collaboration
Dwight Bowman 3月5日 Toxocara – the most common human helminth in the planet
Andrew David Miller 3月25日 An Overview of Residency Training Program at Cornell University
Yrjo Grohn 3月25日 感染症の数学・疫学モデリング -実践ワークショップ-
Yrjo Grohn 3月25-29日 感染症の数学・疫学モデリング(4日間)
Andrew David Miller 3月26日 An Overview of Neoplasia of the Central and Peripheral Nervous System in Dogs and Cats

ウィスコンシン大学マディソン校

講師氏名 開催日 演題
Shinya Ikeda 5月29日 食品科学特論
Hassan Khatib 6月4日 Effects of maternal diet on traits of the next generations
「母体の食物摂取が次世代の特徴に及ぼす影響」
Shinya Ikeda 6月14日 獣医農畜産特論
Aurelie Rakotondrafara 6月20日 特別講義(修士1年生対象)
Aurelie Rakotondrafara 6月21日 特別講義(学部3年生対象)
Aurelie Rakotondrafara 6月28日 特別講義(学部3年生対象)
Shinya Ikeda 7月12日 酪農資源化学
Shinya Ikeda 8月17日 Hydrocolloid-based food structure engineering approaches to creating healthy and OISHII foods 

2017年度

コーネル大学

講師氏名 開催日 演題
Susan Suarez 12月6日 「科学論文の書き方,研究費申請書の書き方」

ウィスコンシン大学マディソン校

講師氏名 開催日 演題
Shinya Ikeda 5月30日 食品科学特論
Aurelie Rakontondrafara 8月8日 植物ウイルスの翻訳因子:ウイルス感染の鍵となるが,植物の抵抗性においても重要なターゲットとなる
Jess Reed 2月19日 ポリフェノール類と腸の健康
Christian Krueger 2月21日 MALDI-TOF MS法によるプロアントシアニジンの分析
Jiwan Palta 3月6日 カルビーポテトとの共同研究成果発表会
Jiwan Palta,
John Ferick
3月7日 アクティブラーニング研修

2016年度

コーネル大学

講師氏名 開催日 演題
Yrjo Grohn 7月4日 感染症モデリング概論:SIRモデル,再生産数,集団免疫
Yrjo Grohn 7月4-7日 感染症の数学・疫学モデリング(4日間)
Rodrigo Bicalho 9月21日 New concepts of mastitis microbiology and treatment
(乳房炎に関する新しい微生物学的概念と治療について)
Susan Suarez 1月10日 Regulation of Sperm Movement Through the Mammalian Female Reproductive Tract
Susan Suarez 1月11日 Cornell University College of Veterinary Medicine: Case-based approach
Helen Marquis 1月19日 Diseases of reptile, amphibians, and ornamental fish
Rodman Getchell 1月19日 Diseases of reptile, amphibians, and ornamental fish
Yrjo Grohn 3月21日 感染症の数学・疫学モデリング -実践ワークショップ-
Yrjo Grohn 3月21-24日 感染症の数学・疫学モデリング(4日間)
Soon Hon Cheong 3月23日 馬人工授精,受精卵移植に関する講演

ウィスコンシン大学マディソン校

講師氏名 開催日 演題
Sundaram Gunasekaran 5月10日 Biosensors for Food Quality and Safety
Shinya Ikeda 6月16日 UW-Mにおける食品科学教育
Aurelie Rakotondrafara 8月3日 RNA配列および翻訳,植物ウイルス抵抗性間の関係
Aurelie Rakotondrafara 8月10日 The How and Why of Active Learning
Jiwan Palta 8月29日 バレイショ栽培におけるカルシウム施肥による品質改善とストレス軽減
Jiwan Palta & Mari Palta 8月29日 バレイショと統計学との出会い-バレイショ研究における回帰モデルの応用
Paul Bethke 8月31日 バレイショの低温糖化に関する新しい知見
William Hickey 9月29日 土壌微生物とミクロビオームの生態と機能
Jiwan Palta 3月7日 カルビーポテトとの共同研究成果発表会
Jess Reed 3月8日 Cranberry polyphenols, high fat diets, gut barrier function, and E.coli in chronic inflammatory disease

2015年度

コーネル大学

講師氏名 開催日 演題
Yrjo Grohn 7月7日 感染症モデリング概論:SIRモデル,再生産数,集団免疫
Karyn Bischoff 11月16日 毒性学入門
Elizabeth Ann Berliner 12月5日 アニマル・シェルターメディスン -平時ならびに災害時の動物の保護,救護,譲渡について-
Helene Marquis 1月14日 米国で発生している魚病疾病について

ウィスコンシン大学マディソン校

講師氏名 開催日 演題
Jiwan Palta 4月24日 気候変動に向けての取組み:生理学的・遺伝学的手法の融合
Shinya Ikeda 7月8日 乳製品の構造と機能性
Jiwan Palta 7月8日 ウィスコンシン大学と帯広畜産大学との国際協力の可能性
Jiwan Palta 7月8日 生体調節因子としての膜脂質:老化および果実の熟成における役割の発見,作用機序の解明とその応用
Walter R. Stevenson 11月18日 Sustainable Crop Management for Potato and Vegetable Crops
Murray Clayton 11月18日 Statistics and Agriculture at the University of Wisconsin-Madison
Scott A. Rankin 11月18日 Research, Teaching and Extension at the University of Wisconsin-Madison, Department of Food Science