研究シーズ

家畜が示す表現型の多様性を遺伝的に解明し畜産業界に活かしたい

キーワード
遺伝品種環境飼料鶏卵生産
研究者名 後藤 達彦 助教
所属

グローバルアグロメディシン研究センター/農畜産学研究部門

研究域生命・食料科学研究部門/家畜生産科学分野/生命科学系

専門分野 動物遺伝育種学バイオインフォマティクス
メールアドレス
関連サイト http://researchmap.jp/tatsuhikogoto/

研究内容の特徴

家畜動物が示す様々な表現型の多様性を制御する遺伝的機構を理解するための研究を行っております。

次世代シークエンサーを用いた全ゲノム解析により、様々な品種のニワトリがもつ個体差を明らかにして、表現型との関連を探索しています。

技術アピール・マッチングニーズ

  1. 『ニワトリの形質(産卵数・卵サイズ・卵殻色など)に関する遺伝解析』:ニワトリが示す、生産性や品質などに関与する遺伝子群の位置を明らかにする。それらが、どのような遺伝的機構によって制御されているのかという概要を、集団ゲノム解析を利用して解明する。
  2. 『鶏卵の成分に関与する遺伝および環境要因の探索』:特色のある鶏卵を生産するための基盤技術の確立を目指した研究を行う。

参考資料等