研究シーズ

美味しくて体に優しい食品を目指して機能性成分を活用した食肉加工

キーワード
食肉製品カロテノイド品質特性熟成肉
研究者名 三上 奈々 助教
所属

研究域生命・食料科学研究部門/食品科学分野/食品加工利用学系

専門分野 食肉科学畜産物利用学
メールアドレス

研究内容の特徴

食品機能性成分はヒトの健康機能に加え、食品の品質向上にも役立つのではないかと考え、研究をしている。具体的には、カロテノイド色素を活用して、食肉製品の酸化防止、物性改良などに与える効果を調べている。また、熟成肉のエイジングに関わる微生物や肉質の変化を明らかにし、安全で美味しい食肉の提供を目指す。 

技術アピール・マッチングニーズ

  1. トマト調味料を活用した畜肉加工品の品質改善
  2. カロテノイド素材を活用した畜肉加工品の品質改善
  3. 海藻素材の畜肉加工への有効利用
  4. 熟成肉の美味しさと有用微生物の関連

参考資料等