研究シーズ

カビやきのこの働きを理解して森林や農地の適正な維持管理を目指す

キーワード
カビきのこ森林共生
研究者名 橋本 靖 准教授
所属

研究域環境農学研究部門/環境生態学分野/環境生態学系

専門分野 微生物生態学菌学森林科学
メールアドレス

研究内容の特徴

【目的】
生態系の維持に関わる菌類の役割を解明する。

【特徴】
森林や耕作地でのカビ・きのこについて、生態学的に研究をしています。特に、植物と共生して成長を良くしたり、病害を防いだりする、菌根菌や内生菌について主な対象としています。

技術アピール・マッチングニーズ

  1. 菌類(カビやきのこ)は森林や畑で様々な働きをしています。
  2. 有機物を分解して窒素やリンを植物が吸収出来るようにし、マツタケのようなきのこを作る菌は、樹木と共生し、樹木の成長を養分吸収を促進して助けるかわりに、樹木からもらった養分を使って美味しいきのこを作ります。
  3. このような菌類と植物の関係や、共生系の仕組みを解明・理解し、持続可能な農畜産業につなげたいと考えています。

参考資料等