研究シーズ

食肉を美味しく食べる技術開発 / 新規食肉加工法の開発を目指す

キーワード
食肉の熟成食肉製品肉質(家畜・家禽・野生動物)
研究者名 島田 謙一郎 教授
所属

研究域生命・食料科学研究部門/食品科学分野/食品加工利用学系

専門分野 食肉科学畜産物利用学
メールアドレス

研究内容の特徴

十勝の主要産物である牛肉、農産物あるいは野生動物などの食肉資源となりうるものに着目し、それらの低利用あるいは未利用部位などの食肉製品などへの有効活用に関する研究を行っています。そのなかで肉質などの品質評価、また新たな加工技術に研究を行っています。

技術アピール・マッチングニーズ

  1. 食肉の熟成の品質評価/肉質に関する研究
  2. 経産牛の肥育が肉質に及ぼす影響
  3. 熟成促進装置による食肉の熟成促進効果について
  4. 農畜産物由来の天然抗酸化物質の食肉製品への応用
  5. 酒粕の発酵食肉製品への応用
  6. 畜肉から製造した発酵調味料(肉醤)に関する研究

参考資料等

 

食肉から製品までの研究範囲を示す