研究シーズ

世界中の畜産業を苦しめているピロプラズマ病に立ち向かえ!

キーワード
原虫ピロプラズマ
研究者名 横山 直明 教授
所属

原虫病研究センター診断治療研究部門/高度診断学分野

グローバルアグロメディシン研究センター/獣医学研究部門

専門分野 獣医原虫病学獣医学
メールアドレス
関連サイト http://www.obihiro.ac.jp/~protozoa/index.html

研究内容の特徴

牛ピロプラズマ(タイレリアおよびバベシア)病は、家畜動物に発熱や貧血などの消耗性疾患を引き起こし、世界で深刻な経済的被害をもたらしています。しかしながら、いずれの牛ピロプラズマ病に対しても有効な対策が確立されていません。そこで、その牛ピロプラズマ病に対する制圧法を確立を目指し、様々な応用研究を行っています。

技術アピール・マッチングニーズ

  1. 国内外の牛ピロプラズマ感染を把握できる様々な分子疫学診断技術
  2. 地域に応じた媒介マダニの種類を明らかにし、適切なマダニ対策を考案していく手順
  3. ピロプラズマ感染に伴う牛の免疫応答から、ワクチンを開発していく技術
  4. ピロプラズマの赤血球侵入メカニズムから、ワクチンを開発していく技術
  5. ワクチン候補分子の多型性から、汚染国に適したオーダーメイド型サブユニットワクチンを確立していく技術

これらの技術から、牛ピロプラズマ病に対する新規制圧法の確立を目指している。

参考資料等