研究シーズ

微生物の研究を通じて食料の安定供給と環境に優しい社会の構築に貢献したい

キーワード
清酒醸造微生物根粒菌遺伝子微生物ゲノム生物間相互作用
研究者名 菅原 雅之 准教授
所属

研究域生命・食料科学研究部門/食品科学分野/食品機能学系

専門分野 応用微生物学ゲノム微生物学
メールアドレス

研究内容の特徴

  • 大学構内の酒蔵(碧雲蔵)と協力しながら清酒醸造における微生物の動態を理解し、清酒の安定醸造に貢献する。
  •  酒粕の有効利用、および植物共生微生物の機能理解と開発による環境に優しい農業への貢献。

技術アピール・マッチングニーズ

  1. 清酒醸造過程における微生物の動態に関する研究
  2. 畜大清酒酵母の開発
  3. 醸造副産物酒粕の農業利用に関する研究
  4.  農耕地由来温室効果ガス発生削減を目的とした根粒菌の開発とその基盤研究(根粒菌の宿主特異性メカニズムの解明)

参考資料等

清酒の醸造工程と研究内容
根粒菌のマメ科植物との共生相互作用とその宿主特異性