研究シーズ

今と10年後を見据え、即戦力に応える

キーワード
乳房炎コントロール微生物学的診断分子疫学的診断乳牛の行動監視
研究者名 草場 信之 准教授
所属

畜産フィールド科学センター

専門分野 獣医衛生学生産獣医療学
メールアドレス

研究内容の特徴

乳牛における乳房炎の臨床的並びに分子疫学解析、病態生理の解明と効果的な治療方法の開発、原因菌の鑑別手法の開発を行っています。

また、乳牛の行動監視と異常のAIによる自動発見のための研究をしています。

技術アピール・マッチングニーズ

  1. 約20年の臨床現場における経験を生かした研究
  2. 大学農場を使用した現場で使える技術開発
  3. 幅広く子牛から親牛までが研究対象
  4. 10年間を見据えた、売れる技術開発
    過去、牛マイコプラズマ培地・乳房炎由来レンサ球菌簡易同定キットの開発を手掛けました。

参考資料等

フィールドワークから
ラボワークまで
乳房炎原因菌の分子疫学解析
監視カメラによる牛の分娩監視