研究シーズ

労働負荷を軽減できる植物の草型を見つける

キーワード
アズキDNAマーカー選抜草型
研究者名 森 正彦 助教
所属

グローバルアグロメディシン研究センター/農畜産学研究部門

専門分野 植物生産学植物遺伝育種学
メールアドレス

研究内容の特徴

アズキ栽培における省力機械化栽培体系の確立や作型の多様化を目指して、各種形質の改良に取り組んでいます。 

技術アピール・マッチングニーズ

  1. 有用遺伝子の探索
    大型機械で収穫可能なアズキの理想的な草型や開花期間を短くする遺伝子を探索し、育種に利用可能な素材を開発する。
  2. 選抜マーカーの開発
    有用な遺伝子を持つ品種を効率的に選抜するためのDNAマーカーを開発する。

参考資料等

着莢位置の異なるアズキ
左)既存品種、右)長胚軸系統