スタッフ

武田 洋平

助教

研究テーマ

新規抗ウイルス物質を用いた効果的な感染防御法の開発

所属・担当

グローバルアグロメディシン研究センター 獣医学研究部門

動物・食品検査診断センター ウイルス分野

研究域 獣医学研究部門 基礎獣医学分野 応用獣医学系

学部(主な担当ユニット)

獣医学ユニット

大学院(主な担当専攻・コース)

畜産科学専攻 動物医科学コース

研究分野 ウイルス学, 免疫学
キーワード 病原ウイルス, 天然物, 抗ウイルス物質, ウイルス性状解析, 迅速診断キット

研究紹介

主にインフルエンザウイルスや新型コロナウイルス、ノロウイルスをはじめ、ヒトや動物に病気を引き起こす種々のウイルスの感染制御に関わる研究を行っています。そのアプローチとして、(1)新規抗ウイルス物質の探索およびウイルス制御対策への応用、(2)ウイルス遺伝子変異と感染性や病原性との関連性の解明、(3)野外鳥インフルエンザウイルスの迅速診断キットの開発、などを目指した研究を行っています。(1)については、天然物中に含まれる抗ウイルス成分を探索し、その抗ウイルス物質の作用機序を解析しています。また、同定した抗ウイルス成分については、新規ウイルス不活化剤、サプリメントや抗ウイルス性素材などへの応用を目指した研究も行っています(図参照)。(2)については、野外から分離した野鳥由来インフルエンザウイルスの遺伝子変異を解析しています。更に、これら野外ウイルスをマウスに感染させ、哺乳類への感染性や病原性に関わる遺伝子変異の特定およびその制御機構の解明を試みています。(3)については、防疫上特に重要であるH5やH7亜型の鳥インフルエンザウイルスを迅速かつ特異的に検出可能な新規診断法を研究しています。また上記以外にも家畜や伴侶動物に病気を引き起こすウイルスの性状解析や感染制御法なども研究しています。

図. 天然由来抗ウイルス物質の探索とその応用

現在取り組んでいる研究テーマ一覧

  • 天然由来抗インフルエンザウイルス物質の探索および新規治療法やワクチンへの応用
  • インフルエンザウイルスの遺伝子変異と哺乳類に対する感染性や病原性との関連性の解明
  • 野外鳥インフルエンザウイルスの迅速診断キットの開発
関連産業分野 獣医学, 医学
所属学会 日本獣医学会
学位 博士 (医学)
資格 獣医師
居室のある建物 総合研究棟IV号館
メールアドレス ytakeda atmark obihiro.ac.jp

メッセージ

私は本学獣医学科在籍時にインフルエンザウイルスの研究を行っていました。なかでもウイルス感染により誘導される宿主免疫応答に特に興味を持ちました。
本学卒業後は北海道大学大学院に進学し、感染症と同様に免疫が病態に大きく関与するがんに関わる研究を行いました。特に、多くの難治性患者さんに適用可能な、副作用が少なく有効性が高い抗腫瘍免疫療法の確立を目指した研究に従事してきました。
研究は一足飛びに成果が得られるものではありませんが、多くの人々や動物の利益に繋がり得る非常に遣り甲斐のある仕事です。そのような研究活動に触れることは貴重な経験になることと思います。是非一緒に面白いことを見つけてゆきましょう。