研究シーズ

馬の診断方法の開発生殖補助医療と生産管理方法の研究

キーワード
繁殖妊娠ホルモン内分泌超音波画像診断人工授精受精卵移植
研究者名 南保 泰雄 教授
所属

グローバルアグロメディシン研究センター/獣医学研究部門

研究域獣医学研究部門/臨床獣医学分野/産業動物獣医療学系

動物医療センター/産業動物診療科

専門分野 馬臨床繁殖学生殖内分泌学画像診断学馬生産獣医療学
メールアドレス

研究内容の特徴

ウマの生殖機能調節やホルモンの作用、診断法の開発に関する研究を行なうとともに、繁殖牝馬の生産管理上の諸問題について調査・研究しています。

地域に密着した馬産業への貢献を目指すとともに、馬を通じた教育・研究・社会貢献を推し進めることが今後の課題です。

技術アピール・マッチングニーズ

  1. 北海道和種とコネマラ種を用いた人工授精、受精卵(胚)移植
  2. 重種馬(ばん馬)の生産獣医療学
  3.  馬妊娠期の生殖内分泌の解明
  4.  馬の繁殖疾病に関する新しいホルモン診断法の確立
  5.  3Dカメラを用いた非接触体測法の開発

参考資料等