研究シーズ

実学を重視した野生動物の生態研究で人との軋轢解消を目指す

キーワード
野生動物調査手法獣害対策外来種対策ロードキル
研究者名 浅利 裕伸 准教授
所属

研究域環境農学研究部門/環境生態学分野/環境生態学系

専門分野 野生動物管理学野生動物保全学道路生態学
メールアドレス
関連サイト http://wildlife102.wixsite.com/wmlhp

研究内容の特徴

開発と野生動物、農畜産業と野生動物といった人の生活と野生動物との間にある課題を解決するための研究を行なっています。

技術アピール・マッチングニーズ

  1. 開発による野生生物への影響を明らかにし、対策を検討するための研究を行ないます。
  2. 調査技術の向上や新たな手法の開発に向けた研究を行ないます。
  3. 農林畜産業における獣害を防止・軽減するため、野生動物の行動や生態を明らかにします。
  4. 都市域に生息する野生動物の生態を調べ、人への影響・効果を明らかにします。

参考資料等