研究シーズ

特徴のある牛肉を効率的に生産する 生産者と消費者がWinWin

キーワード
肉用牛飼養管理成長様式肉質肉量
研究者名 撫 年浩 教授
所属

研究域生命・食料科学研究部門/家畜生産科学分野

専門分野 家畜飼養学
メールアドレス
関連サイト https://www.obihiro.ac.jp/faculty-r/toshihiro-nade

研究内容の特徴

肉用牛を対象に未利用資源の有効利用や給与方法の工夫など飼養管理の影響から成長様式を調査し、さらに肉質肉量等がどのように変化するか調査しています。

技術アピール・マッチングニーズ

  1. 飼養管理の影響が肉質肉量にどう影響するか調査します。

  2. 診断技術等を用いて成長様式を調査しています。

  3. 地域の未利用資源飼料化を検討しています。

  4. 経産牛を効率的に肥育する方法を検討しています。

参考資料等

ロースの超音波画像
超音波診断画像から生体で肉質肉量を評価しています。
ブドウの搾りかす
地域の未利用資源の飼料化を検討しています。
お母さん牛が子牛を哺育
哺育育成方法が肥育成績に及ぼす影響を調査しています。
経産牛肉
経産牛を効率的に肥育する方法を検討しています。