研究シーズ

遺伝子科学で作物のおいしさ、機能性、多収性を究める

キーワード
イネアズキ遺伝子抗炎症能抗食物アレルギー能低温ストレス耐性収量構成要素食品成分
研究者名 加藤 清明 教授
所属

研究域環境農学研究部門/植物生産科学分野/植物生産科学系

専門分野 植物分子育種学
メールアドレス
関連サイト https://www.obihiro.ac.jp/chikudaijin/5520

研究内容の特徴

北海道における作物の生産性と品質を向上させるために、開花期や収量構成要素の改良に加え、低温ストレスへの耐性の強化、さらに収穫物の各種成分の改良を目指しています。また、米の抗アレルギー能と抗炎症能を向上させる研究を進め、主食による健康増進の実現を目指しています。

技術アピール・マッチングニーズ

  1. イネとアズキなどの重要遺伝子の特定
  2. 重要遺伝子の導入・蓄積系統の開発
  3. ゲノム塩基配列情報を活用したDNAマーカー選抜育種技術の開発

参考資料等