研究シーズ

反芻胃からのメタン発生を抑制し飼料効率の改善と地球温暖化阻止をめざす

キーワード
食品リサイクル未利用資源メタン温室効果ガス地球温暖化
研究者名 西田 武弘 教授
所属

研究域生命・食料科学研究部門/家畜生産科学分野/生産管理学系

専門分野 反芻家畜栄養学エネルギー代謝
メールアドレス
関連サイト https://researchmap.jp/read0006134/

研究内容の特徴

ヒツジ用呼吸試験装置を使用して、新規未利用資源の家畜用飼料としての価値を評価しています。

技術アピール・マッチングニーズ

家畜用飼料としての価値が高い未利用資源の評価を行います。そのなかでも、反芻胃からのメタン発生を抑制するものを探索します。摂取飼料のうち10%程度のエネルギーが、反芻胃からのメタンとして排出されます。この発生を抑制すると、エネルギー損失が減少するので飼料効率が改善されます。また、メタンは二酸化炭素の23倍の温室効果を有するので、同時に地球温暖化の抑制にもつながります。

参考資料等