研究シーズ

家畜を効果的に改良したい

キーワード
乳用牛遺伝的改良長命連産性
研究者名 萩谷 功一 准教授
所属

研究域生命・食料科学研究部門/家畜生産科学分野/生命科学系

専門分野 家畜育種学
メールアドレス

研究内容の特徴

畜産業を発展させるため、遺伝的に優れた家畜を正確に見つけ出し、効果的に子孫を生産する仕組みを開発し、その応用を目指します。

技術アピール・マッチングニーズ

技術開発例:

  1. 乳用牛の体型形質を利用し、生きている個体が遺伝的にもっている生存能力を推定する方法を開発しました。
  2. 分娩後の乳量の推移に関する遺伝的能力を表示する方法を開発しました(遺伝能力曲線)。
    これらの技術は、家畜改良センターが実施している国内乳用牛の遺伝的能力評価に応用されています。

マッチングニーズ:

  1. 地域あるいは企業における家畜のデータを解析し、家畜を選抜するための遺伝評価値を推定する。
  2. シミュレーション研究により家畜の効率的な改良方法を提案する。

参考資料等