研究シーズ

トリパノソーマトリパノソーマ病に関する研究

キーワード
トリパノソーマ薬剤開発疫学分類診断法
研究者名 菅沼 啓輔 助教
所属

グローバルアグロメディシン研究センター/獣医学研究部門

原虫病研究センター

専門分野 獣医寄生虫学獣医原虫病学分子生物学
メールアドレス

研究内容の特徴

トリパノソーマ病対策確立のため、培養系を中心とした「生きたトリパノソーマ」を材料に研究を進めています。

技術アピール・マッチングニーズ

  • トリパノソーマ分離・培養馴化技術:野外流行株を培養馴化することで、実験室内で病原性を解析することが可能になります。
  • 抗トリパノソーマ化合物の探索技術:動物及びヒトトリパノソーマ培養系を用いて、薬剤候補化合物のスクリーニングが可能です。また有望な化合物に関しては、マウス感染系を用いた動物実験による検証が可能です。
  • トリパノソーマ病の簡易診断技術:イムノクロマト法を利用したトリパノソーマ病の迅速簡易診断法により、野外での病畜診断が可能になります。

参考資料等

血流中に寄生しているトリパノソーマ