研究シーズ

  • 1. 貧困を無くそう
  • 2. 飢餓をゼロに
  • 15. 陸の豊かさも守ろう

トリパノソーマ症および媒介吸血昆虫に関する研究

キーワード
トリパノソーマ治療薬アブサシバエ
研究者名 菅沼 啓輔 助教
所属

グローバルアグロメディシン研究センター/獣医学研究部門

原虫病研究センター診断治療研究部門/先端予防治療学分野

原虫病研究センター国際連携協力部門/国際獣疫分野

専門分野 獣医寄生虫学獣医原虫病学分子生物学
メールアドレス

研究内容の特徴

【目的】
動物トリパノソーマ症および媒介吸血昆虫の制御による家畜生産性の向上

【特徴】
 トリパノソーマ症対策確立のため、培養系を中心とした「生きたトリパノソーマ」を材料に研究を進めています。またトリパノソーマをはじめ各種病原体を媒介するアブ類およびサシバエなどの吸血昆虫の研究もすすめています。

技術アピール・マッチングニーズ

抗トリパノソーマ化合物の探索技術:動物及びヒトトリパノソーマ培養系を用いて、薬剤候補化合物のスクリーニングが可能です。また有望な化合物に関しては、マウス感染系を用いた動物実験による検証が可能です。

吸血昆虫への対策技術、アブの種同定と発生動態の検証が可能です。また、協力農場においてアブやサシバエに対する殺虫剤・忌避剤・誘引剤の評価も可能です。

参考資料等

血流中に寄生しているトリパノソーマ