研究シーズ

化学物質の毒性学研究により動物食品環境衛生の向上に貢献したい

キーワード
毒性学薬物動態環境化学ゼブラフィッシュサイレージかび毒
研究者名 久保田 彰 准教授
所属

研究域獣医学研究部門/基礎獣医学分野/機能学系

動物・食品検査診断センター毒性解析分野

専門分野 毒性学異物代謝学環境化学
メールアドレス
関連サイト http://www.obihiro.ac.jp/~toxicology/index.html

研究内容の特徴

動物衛生・食品衛生・環境衛生の向上を目指した化学物質の毒性科学研究や希少動物の保全科学に関する研究を推進しています。

技術アピール・マッチングニーズ

  1. 『化学物質の有害性評価と毒性発現機構の解明』: ゼブラフィッシュをモデルとして、多様な化学物質の有害性(内分泌攪乱性、心血管毒性、発達神経毒性など)とその作用機序について研究を行う。
  2. 『粗飼料におけるカビ毒汚染の調査研究』: 粗飼料に残留するカビ毒の濃度をELISA法で測定し、汚染実態の解明と汚染の低減に向けた方策について研究を行う。
  3. 『希少動物の保全科学』: 薬理・毒性学的手法を用いて、タンチョウなど希少動物の生息域外保全に資する研究を行う。

参考資料等