研究シーズ

自然発生疾患に対する病理学的研究および種々の疾患に関する 実験病理学的研究

キーワード
研究者名 古林 与志安 教授
所属

グローバルアグロメディシン研究センター/獣医学研究部門

研究域獣医学研究部門/基礎獣医学分野/形態学系

動物医療センター/診断検査科

獣医学教育国際認証推進室/スタッフ

専門分野 獣医病理学病理診断学実験病理学
メールアドレス

研究内容の特徴

帯広畜産大学が酪農・畜産地帯に位置する利点を生かし、動物、特に産業動物の自然発生疾患に対する病理学診断を日々行っています。その中から、新規あるいは稀有な疾患を見出し、それら疾患についての病理学的な研究を行うとともに、既知の疾患の未解明の事象の解明に取り組んでいます。また、病理診断への分子生物学的手法を応用するための研究や、学内外の基礎・臨床研究分野の多くの先生と実験病理学に関わる共同研究も行っています。

技術アピール・マッチングニーズ

  1. 病理診断(病理解剖診断および病理組織診断)
  2. 病理診断のコンサルテーション
  3. 病理診断法・評価法の開発・確立
  4. 疾患モデルの病理学的解析