研究シーズ

かしこく動くパワフル農業機械で未来の食を支える

キーワード
スマート農業自動化農薬散布モノづくり
研究者名 藤本 与 助教
所属

研究域環境農学研究部門/農業環境工学分野/農業環境工学系

専門分野 農業機械学農業情報学ロボティクス
メールアドレス
関連サイト http://univ.obihiro.ac.jp/~fm

研究内容の特徴

大規模畑作で作物生産を支えるスマートな農業機械と農作業支援システムを開発しています。

技術アピール・マッチングニーズ

  1. 「農作業用フィールドコンピュータの開発」
    トラクタと作業機の作業データを自動で記録し、分析を行う専用サーバに送信する農作業に特化した専用端末を開発しています。
  2. 「超音波風速計を用いた農薬飛散分布の可視化」
    フィールドコンピュータを利用して収集した超音波風速計やジャイロセンサから取得したデータとトラクタの基本的な作業データを組み合わせることで、トラクタ周辺に吹く風ベクトルを推定し、ほ場全体の散布ムラを可視化します。
  3. 「ロボットトラクタに対応する作業機のスマート化」
    大規模畑作でロボットトラクタを導入・普及させるために作業機の自動化と無人化を行っています。

参考資料等

フィールドコンピュータはトラクタのキャビン内で操作することを想定し、入力インターフェースから外装の設計まで行います。
農作業データと超音波風速計のデータを組み合わせることで、これまで可視化できなかった新たな情報を生産者に提供します。
精密な農薬散布には高度な電子制御技術が必要です。ソフトウェア開発、電子基板・ハードウェア設計と製作まで幅広い試作開発の技術を持っております。
ロボットトラクタに対応するリバーシブルプラウを開発し、無人の耕起作業を実現しました。