研究シーズ

植物病原菌の変異機構を知ることで、病気に負けない作物をつくる

キーワード
いもち病植物病害診断病原体の生態と防除
研究者名 中馬 いづみ 准教授
所属

研究域人間科学研究部門/自然科学・体育学分野/自然科学・体育学系

専門分野 植物病理学

研究内容の特徴

作物や樹木の病原体が、どのようにしてその植物に対する病原性を獲得したのか?その病原体は次にどのような病原性変異を起こすのか?を、フィールド調査とゲノム解析によって考えています。このように、病原体の変異機構を考えることで、持続性のある病害抵抗性品種の育成に貢献したいと思っています。イネ科植物いもち病をメインに、他にアブラナ科植物白さび病、沖縄のデイゴ枯死も研究対象としています。 

技術アピール・マッチングニーズ

  1. 作物・樹木病害の診断および防除に関する共同研究は大歓迎です。
  2. 植物病原糸状菌を専門とし、フィールドワーク、病原体の分類・同定、病原体の生態・多様性・進化のDNA・染色体レベルでの解析を得意としています。
  3. 卵菌・糸状菌・細菌病については農薬試験(薬効薬害試験)の経験があります。

参考資料等