研究シーズ

養鶏場の鶏群を食中毒菌フリーに!

キーワード
サルモネラカンピロバクター養鶏場食鳥処理場
研究者名 岡村 雅史 教授
所属

研究域獣医学研究部門/基礎獣医学分野/応用獣医学系

専門分野 微生物学食品衛生学家禽疾病学人獣共通感染症学
メールアドレス

研究内容の特徴

食中毒の原因菌であるカンピロバクターやサルモネラは、汚染鶏肉や汚染鶏卵を介して人に感染することが多く、大きな問題になっています。そこで、これまで鶏肉・鶏卵生産の最も上流に位置する養鶏場における鶏群の食中毒菌フリーを目指した調査・研究を行ってきました。

技術アピール・マッチングニーズ

  1. 養鶏場の食中毒菌浸潤調査・リスク因子解析
  2. 新規抗菌物質の検索・評価
  3. 鶏群の食中毒菌汚染診断法の確立
  4. 鶏群の食中毒菌汚染予防法の確立

参考資料等

養鶏場での採材
食鳥処理場での採材
リアルタイムPCRでの食中毒菌遺伝子の検出