研究シーズ

基礎研究で病気の治療に貢献する

キーワード
パーキンソン病認知障害記憶の消去学習長期抑制海馬歯状回5-HT4受容体セロトニンドパミン黒質線条体離乳自給本能サーカディアンリズム夜行性探索行動食情報調節プロバイオティクスインテグリンインテグリンリンクドキナーゼ
研究者名 石井 利明 教授
所属

研究域獣医学研究部門/基礎獣医学分野/機能学系

動物・食品検査診断センター

専門分野 神経科学薬理学生化学分子生物学
メールアドレス
関連サイト http://www.obihiro.ac.jp/~yakuri141/

研究内容の特徴

動物本能の発現機構、外的環境に適応して神経可塑的変化が生じる機構、脳神経変性疾患の発症機構について、動物個体の解析から細胞・分子のレベルにまで掘り下げて研究しています。

技術アピール・マッチングニーズ

  1. パーキンソン病に併発する認知障害の治療薬開発。

  2. パーキンソン病に併発する認知障害の治療と予防に向けたプロバイオティクス有効活用による機能性食品の開発 。

  3. 恐怖記憶の消去を調節する薬の開発(PTSD関連治療薬)。

  4. パーキンソン病に併発する認知障害の治療薬開発のためのスクリーニング方法の提供。

参考資料等

セロトニン5-HT4受容体の選択的作動薬であるvelusetragとprucaloprideは、海馬歯状回におけるcAMP-PKA-活性型CREBシグナル経路の活性化を介してパーキンソン病認知障害を改善する 。 [Ishii et al. (2019) Int.J.Mol.Sci. 20, 5340; doi:10.3390/ijms20215340]

              

離乳後の自給本能(探索行動)発現の脳神経機構