一般生菌数試験(ISO / IEC17025 認定試験)

食品衛生検査指針微生物編2018に記載された標準寒天培地を用いた混釈法に従った「一般生菌数検査」の受託を行っています。

2017年3月3日に,大学として国内初となる食品・生物系検査で国際規格ISO / IEC17025: 2005認定を取得しました。認定範囲は,食品衛生検査指針微生物編2018に記載の標準寒天培地を用いた混釈法に従った「一般生菌数検査」です。

ISO / IEC17025規格は,試験所が正確な測定結果を生み出す能力があるかどうかを,権威ある第三者認定機関が認定する国際規格です。検査能力の国際的な信頼性確保は,東日本大震災での放射能検査を契機に,食品の輸出で必須となり,貿易を進める産業界では注目されていますが,大学での取り組みは行われていませんでした。

実学の学風を発展させ,「食を支え,くらしを守る」人材の育成を通じて,地域及び国際社会に貢献することをミッションと掲げる本学では,いち早く試験検査の能力証明に取り組み,大学として国内で初めてとなる食品・生物系分野での認定を取得しました。認定の取得により,今後,国際認定された検査能力を,教育活動へ学術展開するとともに,社会・地域産業への貢献に活用して参ります。

一般生菌数試験(ISO / IEC17025認定試験)の
検査依頼方法と依頼後の流れについて

  1. お問い合わせ
    検査のご相談やお申し込みは,Emailにてお受けしています。検査日数や検体必要量等,ご依頼に関する質問やご不明点ございましたら,お気軽にお問合せください。

    • 受付時間: 月〜金曜日,9:00から17:00まで(土日・祝日は除く)
    • お問い合せ・ご依頼先: 動物・食品検査診断センター 検査部門
    • Email: kensa@obihiro.ac.jp
  2. 検査の可否の決定
    お問合せ内容をもとに,検査受託の可否を返答いたします。
    受託が可能な場合は,検査依頼書を発行し,お見積り及び検体送付に際しての注意事項等をお知らせいたします。
    ※検体内容によっては「検査不適合」と判断され,受託をお断りする場合もございます。
  3. ご依頼及び見積書の発行
    検査依頼書に,記入例に従って必要事項をご記入後,印刷してください。
    ※記入方法等にご不明な点がありましたら電子メールにてご相談ください。
  4. 検体の送付
    検体に検査依頼書を必ず同梱し,下記の住所にお送りください。
    尚,送料は依頼者のご負担となります。

    送付先

    〒080-8555 北海道帯広市稲田町西2線11番地
    国立大学法人帯広畜産大学
    動物・食品検査診断センター 検査部門宛

    Email: kensa@obihiro.ac.jp
    ※本学休業日(土日・祝日)以外の営業日に到着しますようご手配願います。

  5. 受付&検査開始
    検体をお預かり後,検査を開始いたします。
  6. 請求書の発行及びお支払い
    お預かりした検体に不適合が無く,正式に受託となりましたら,請求書を発行いたします。請求書記載の期日までに,指定の銀行口座にお振込み願います。
  7. 結果報告
    試験終了後(検体受付後,おおむね1週間程度),当センターの書式により検査報告書をEmailで送付いたします。検査に関する書類については当センターで厳重に保管し,守秘しております。
    ※送付先は,検査依頼書記載のEmailアドレスになります。
  8. 検査結果の掲載
    検査結果または検査報告書を転載する際には,当センターの承認が必要となりますのでお気軽にご相談ください。
    ご相談やご依頼の内容,試験検査結果等については機密保持を厳守しておりますので,依頼者以外からの問い合わせにはお答えいたしません。
  9. 検体の廃棄について
    検体は,検査結果報告書発効日から1か月で廃棄致します。