ごあいさつ

獣医学国際認証推進室
室長 倉園 久生

近年,越境性動物感染症に対する多国間共同による防疫や動物性食品の輸出入の急激な拡大等による獣医師教育の質的保証は喫緊の課題となっています。これらの社会的要望に応えるために,本学と北海道大学は2大学による共同獣医学課程を平成24年から開始して獣医学教育の改善を強力に推進しています。

欧米では獣医学教育の質的保証は獣医学教育評価機関によって審査されており,我々の共同獣医学課程もその質的保証を欧州の獣医学教育評価機関(EAEVE)によって審査して頂く予定です。そのため獣医学教育国際認証推進室においては,1)欧州水準の獣医学教育の情報を収集する,2)欧州認証獣医大学より専門家を招聘して本共同獣医学課程を審査して頂いて改善のための助言を頂く,3) EAEVEによる事前審査及び本審査の準備・手続き・施行を行う,4)これらの認証推進事業を山口大—鹿児島大共同獣医学部と共同して行う,等の事業を中心となって行い,日本の獣医学教育の国際水準化を目指します。