VOICE 2016
畜産衛生学専攻

潘 志飛

Han Shihi

大学院畜産学研究科 畜産衛生学専攻博士前期課程2年
2014年3月 中国東北林業大学卒業
黒竜江省肇東市第一高等学校出身

故郷である中国黒竜江省は農業・畜産業が盛んですが,先進的な管理技術や衛生制度が整っていません。日本が農畜産の先進国であること,友人が畜大に留学したこと,日本のマンガが大好きで日本語を勉強していたことから,入学を決めました。研究室では地球温暖化防止の観点から,再生可能エネルギーの利用をテーマに,「家畜排泄物のメタン発酵」について取り組んでいます。学内の牧場から乳牛の糞を集めてメタン発酵処理し,1日1回ガスの生成量やガス成分を分析します。さらに,抗生物質や抗菌剤を与えられた家畜の糞尿利用が安全かどうかという懸念から,「乳牛糞尿に含まれる薬剤耐性菌がメタン発酵処理によってどのように変化するか」についても研究を行っています。現在は乳牛糞に含まれる沢山の種類の菌の中からいくつかの菌に的を絞って解析しています。研究には日本語力がまだ足りないので,より一層努力するつもりです。将来は日本企業で経験を深め,中国に戻って故郷の農畜産業の発展に力を尽くしたいと思います。

所属や肩書はインタビュー当時のものです。

掲載日: 2015年4月