VOICE 2018
食品科学専攻

櫻井 梨帆

Sakurai Riho

大学院畜産学研究科 食品科学専攻2年
2016年3月 畜産科学課程(食品科学ユニット)卒業
苫小牧工業高等専門学校(北海道)出身

高専卒業後,食品関係の仕事を志し3年次に編入学しました。食品科学ユニットでは,機能性脂質であるグルコシルセラミドの投与による大腸腺腫抑制効果について研究。マウスを使い実験したところ,この脂質を投与した方がポリープの発生が少ないという結果を得られました。大学院でも引き続き,食事と健康に関する研究に取り組んでいます。対象はリン脂質のなかのプラズマローゲンという脂質。この脂質はアルツハイマー型認知症患者の脳において,約30%減少していることが確認されています。また,プラズマローゲンはin vitroで神経保護作用を示すことから摂取による認知症予防効果が期待されていますが,その吸収代謝等はまだ明らかになっていません。そこでマウスにプラズマローゲンを与え,吸収量のタイムコースを取るとともに,この脂質を酵素処理したものの吸収と比較。各群の血液と肝臓を機器分析にかけている最中ですが,リゾ体で与えた方が吸収は速いのではと予測しています。将来は食品メーカーや製薬会社を視野に,人の健康に役立つ製品を開発することが願いです。

所属や肩書はインタビュー当時のものです。

掲載日: 2017年4月