現状に満足せず、課題を見つけて解決していきたいです

齋藤 真季

Saito Maki

株式会社フリーデン 梨木農場 種付部門
2014年3月 畜産科学課程 農業経済学ユニット 卒業
群馬県立勢多農林高等学校出身

畜大・ユニットを選んだ理由は何ですか

高校で牛の搾乳を経験したことがあり,それが楽しくて酪農家になりたいと思いました。せっかく大学で学ぶのであれば,牛がたくさんいる環境で学ぼうと思い帯広畜産大学に進学しました。

ユニット分属では,農業経済学ユニットを選択しました。作物や動物のことは高校や大学の授業でまんべんなく学べますが,経営・経済学はなかなか学べないと思ったからです。
会社を作りたくなったときに絶対役に立つと思ったのもその理由です。

畜大で学んで,役立っていることを教えてください

豚の屠畜の実習は現在でもとても役立っています。今は農場に勤務しているので衛生面の関係で屠畜場には行けないのですが,どういう過程を経て食べられる状態になるのかを,学生時代に学べて良かったと思っています。

現在の仕事を志望した理由を教えてください

大学卒業後は地元(群馬県)に帰りたいと思っていたのと,規則正しい仕事の時間や動物と触れ合いながら仕事ができるのが魅力で,就職先には養豚業を志望していました。

仕事の内容を教えてください

今は種付部門で母豚のAI(人工授精)や世話などをしています。去年までは分娩部門で母豚・仔豚の世話や分娩の助産などをしていました。

大変だと感じることや,やりがいを教えてください

私は背が150㎝ぐらいと小さいので,母豚が歩いてほしい方向に歩いてくれず,嫌がられると力で負けてしまうことがあります。
力仕事が多いことが大変ですが,豚が可愛いので見てるだけで楽しいです。

以前所属していた分娩部門の時は,助産して仔豚を助けられた時や仔豚を良い状態で次の部門(哺育部門)に引き渡せたときにやりがいを感じていました。
現在は,発情を見逃すことなく種をつけられたときや,分娩舎への移動前に母豚のお腹が大きいときにやりがいを感じます。

今後の目標を教えてください

仕事面では現状に満足せず更に良くなるように課題を見つけて解決していきたいと思います。プライベートではそろそろ結婚や幸せな家庭を持ちたいなと思っています。

後輩になるあなたへ

どんな経験が今後役に立つのか分からないので,興味を持ったことはどんどんやってみると良いと思います。
一生懸命やって,失敗したりミスしたりすることも大切だと思います。

株式会社フリーデン 

群馬県桐生市黒保根町宿廻1213
http://www.frieden.jp/

Japanese farm to Table! 農場から食卓まで
フリーデンは,「安心・安全・おいしさ」を届ける会社です。

所属や肩書はインタビュー当時のものです。

掲載日: 2019年3月