犬猫のがん

犬猫にもがんはできます。人間と同じく長生きする動物が増えており,それに伴いがんを患う動物も飛躍的に増えました。正直,来院する患者の多くががんです。人間と違い,動物は言葉を話せません。だからおなかが痛くても,体がこわくても我々はなかなか気が付けません。だから来院したときにはすでに手遅れ,という状況もしばしば経験します。もっと簡単に,健康診断のひとつとして検査可能ながんのマーカーがあれば,また進行してしまったがんも治療可能な選択肢があれば,といつも思っています。はっきりいって進行したがんを前に,我々獣医師は無力です。だから研究しています。もっともっと早期に簡単にがんを発見できるマーカーがあれば,どんな状況でも使用可能な治療薬があれば,この子たちを苦しませるがんと闘うことが私たちはできるはずです。

治療のかいなく亡くなってしまう患者様もたくさんいます。ですが,あきらめることなく少しでも患者様に寄り添った診療と研究の両立を目指しています。

この文を書いた人 田川 道人 助教
所属 動物医療センター/伴侶動物診療科研究域/獣医学研究部門/臨床獣医学分野/伴侶動物獣医療学系
関連リンク 動物医療センター