ヒト動物を行ったり来たりする感染症

ヒトの感染症の多くは、ヒトとそれ以外の脊椎動物の両方に感染する病原体により引き起こされる「人獣共通感染症」や畜産物など様々な食品に存在する病原体により引き起こされる「食品由来感染症」です。このような病原体によるヒトでの病態発現の分子機序を研究し、新規治療薬や迅速簡便な病原体検出法の開発を介して公衆衛生向上に貢献することを目指しています。