折笠 善丈

助教

Yoshitake Orikasa

研究テーマ

植物生育促進細菌を用いた植物生長機構の研究

所属・担当

研究域生命・食料科学研究部門/食品科学分野/食品機能学系

学部(主な担当ユニット)

食品科学ユニット

研究分野 微生物利用学, 共生微生物, 根圏微生物, 食品微生物
キーワード 共生微生物, 植物生育促進根圏細菌, 有用物質生産

研究紹介

私たちの食糧として栽培されている作物の根には根圏と呼ばれる領域があり、そこでは土壌中の微生物が植物根の間で互いに物質交換をおこなう双利共生関係が構築されているものがあります。これら菌の役割については数多くの研究があり、例えば植物生育促進根圏細菌のなかには、植物の生育を助けるだけでなく、宿主である植物に乾燥や温度といった様々なストレスに耐える能力を高める効果があるものが報告されています。植物と微生物は互いに物質交換をして共生関係を保っていますが、共生を確立する過程で細菌の形態や動態が変化する大きな特徴がみられます。緑色蛍光タンパク質(GFP)や赤色蛍光タンパク質(RFP)で標識された細菌が構築されたことにより、植物細胞への感染の過程を蛍光顕微鏡観察によって追跡できるようになりました。これに根の様子が観察できるシステムを使えば感染過程がより詳細に観察できます。図 「可視化された培地で栽培される植物体」参照。このような観察を軸にして細菌がどのように宿主に有益な効果を与えていくのかを明らかにしていくことを目指しています。

観察用培地で栽培される植物体

現在取り組んでいる研究テーマ一覧

  • 植物生育促進細菌の宿主感染における動態観察
  • 根粒菌の宿主感染初期における共生遺伝子領域の発現調節機構の研究
  • 野菜類に感染する植物生育促進細菌の研究
関連産業分野 農芸化学, 食品科学, 環境学
所属学会 日本農芸化学会, 植物微生物研究会, 日本生物工学会, 日本食品科学工学会
学位 博士(地球環境科学)
自己紹介

北海道出身です。これまで主に微生物の産業利用や遺伝子解析などに携わってきました。趣味としては自然や観光地を巡ることです。

居室のある建物総合研究棟3号館
部屋番号303号室
メールアドレス yosori atmark obihiro.ac.jp

卒業研究として指導可能なテーマ

  • 北海道の主幹作物を宿主とした微生物の生育促進に関する研究
  • 蛍光イメージング技術を用いた細菌の宿主感染機構に関する研究
  • ダイズを宿主とした根粒菌の宿主感染初期段階における分子応答機構に関する研究
  • 土壌由来の細菌を利用した作物生育促進技術の開発

メッセージ

私は微生物の観点から食や環境に関わる研究をしてきました。今までに、細菌が生合成する機能性脂肪酸,抗酸化酵素,そして抗菌ペプチドを扱ってきましたが、いずれも細菌という生命体が自身を取り巻く環境に対して生き残るために獲得した物質です。顕微鏡を使うと微生物の世界を垣間見ることができ、細胞ひとつひとつが機能を発現していく様子は生命の可能性を感じさせてくれます。微生物は見えない巨人とも表現されています。この能力を利用して、身のまわりの食に関わる課題の解決に取り組んでみませんか。