木田 克弥 教授 KIDA Katsuya

研究テーマ品質低下牧草サイレージが牛の免疫低下や繁殖障害を引き起こすメカニズムを解明し、その対策を提案する

My Dream乳牛の飼養管理改善で長命連産を実現する!

所属・担当

畜産フィールド科学センター/スタッフ研究域生命・食料科学研究部門/家畜生産科学分野/生産管理学系動物医療センター/診断検査科
学部(主な担当ユニット)家畜生産科学ユニット
研究分野 予防獣医学, 乳牛の生産獣医療学, 家畜栄養学
キーワード 代謝プロファイルテスト(MPT), 揮発性塩基態窒素(VBN), エンドトキシン(LPS), 酸化ストレス, d-ROMs/BAP, 乳中尿素窒素(MUN), 乳中ケトン体

研究紹介

乳牛に変質した飼料を給与すると、下痢を生じ、乳質が低下したり繁殖障害が起きたりすることはよく知られています。しかし、そのメカニズムは必ずしも明らかになっていません。
私たちは、変質飼料給与に伴い、乳中尿素窒素(MUN)が上昇し、乳量が減少して、乳房炎牛と不受胎牛が増えることを観察しました。そこで、毎日、牧草サイレージの揮発性塩基態窒素(VBN)をモニターして、飼料のVBN変動と牛の免疫機能の関係を調査したところ、VBN上昇後に白血球の貪食能が変化することを発見しました。さらに、卵巣機能との関係では、授精前2週間以内に飼料のVBNが上昇すると、受胎率が低下することも確認しました。ところが、この研究の最中に、大雨でサイロが冠水してしまい、水洗されたサイレージを給与した後、発情が明瞭になり、受胎率が向上するという出来事に遭遇しました。この出来事をヒントに、目下、変質サイレージを水洗して給与することで、牛の健康を維持すると共に、繁殖効率を改善しようという研究を進めています。

変質した牧草サイレージを製造して、そのサンプル採取の様子

現在取り組んでいる研究テーマ一覧

  • 変質サイレージ給与が乳牛の卵巣機能に及ぼす影響
  • 各種サプリメントによる牛乳房炎の治癒促進効果
自己紹介

牛馬の獣医師として、いかにして病気を予防し、農家の経営を向上させるかを考えています。医薬品に頼らず、エサを見直すことで、牛を健康にすることに興味を持っています。趣味は渓流釣りと山菜採り、最近は体力維持のため水泳を楽しんでいます。

居室のある建物畜産フィールド科学センター
部屋番号管理棟教員室
メールアドレス kidak atmark obihiro.ac.jp