福本 晋也 准教授 FUKUMOTO Shinya

研究テーマ病原体媒介分子基盤の解明によるベクター媒介性寄生虫感染症制御法の開発

My Dream病原体を媒介しないベクター生物の創世
研究分野 ベクターバイオロジー, 分子生物学, 自然免疫, 寄生虫
キーワード マラリア原虫, フィラリア, 犬糸状虫, ヤブカ, ハマダラカ, 野生動物, ヒグマ, エゾシカ

研究紹介

病原体媒介ベクターによる感染症の伝播を阻止することは動物および人の医療上、需要な命題となっている。ベクターによる病原体の伝播は吸血行動による単純な機械的な移動のみによるものではなく、ベクター体内での複雑な分化・増殖プロセスの結果、初めて次世代の感染が可能となる。私の研究室ではベクター昆虫への病原体媒介メカニズムを分子レベルで明らかにすることにより、マラリアや犬糸状虫症などの世界的・社会的に問題の蚊によって媒介される感染症の制圧に資するため研究を行っている。

病原体のベクターへの感染メカニズムを明らかにするため、病原体側およびベクター昆虫側双方における遺伝子改変技術を駆使し、分子レベルでその本態を明らかにすることを目指している。また、ベクターおよび哺乳動物に対する分子デリバリーの担体としての病原体利用法の開発を行っている。

一方、上記の研究内容とは大きくことなるが、ヒグマやエゾシカなどの北海道に生息する野生動物の捕獲法の洗練化および、野生動物感染症の疫学に関する研究も行っている。

現在取り組んでいる研究テーマ一覧

  • 殺ベクター型原虫による病原体媒介蚊コントロール
  • マラリア原虫のベクター感染メカニズム
  • 犬糸状虫のヤブカ感染メカニズム
  • 野生動物捕獲法と保有病原微生物種に関する研究
学位 博士(獣医学)
資格 第一種銃猟免許, わな猟免許, 網猟免許, 獣医師
自己紹介

病原体媒介ベクターに関する基礎研究と野生動物捕獲調査のフィールド研究のはざまを行き来しています。狩猟者の減少から有害鳥獣問題が顕在化していますが、大学での狩猟者育成により地域貢献に繋げることができればと考えています。

居室のある建物総合研究棟4号館
メールアドレス fukumoto atmark obihiro.ac.jp

所属・担当

原虫病研究センター感染免疫部門/節足動物衛生工学分野原虫病研究センター国際連携協力部門/国際獣疫分野グローバルアグロメディシン研究センター/獣医学研究部門
学部(主な担当ユニット)獣医学ユニット
大学院(主な担当専攻・コース)獣医学専攻
関連産業分野 獣医学, 医薬品, 殺虫剤, ジビエ
所属学会 日本衛生動物学会, 日本獣医学会, 日本分子生物学会, 日本寄生虫学会, 日本食品微生物学会, 日本バイオセーフティー学会
学歴・職歴 2001年 帯広畜産大学 畜産学部 卒業
2002年ー2004年 日本学術振興会特別研究員(DC1)
2004年 岐阜大学大学院連合獣医学研究科 基礎獣医学専攻 博士課程修了(短縮)
2004-2005年 東京大学大学院医学系研究科 疾患生命工学センター 助手
2005-2012年 帯広畜産大学 原虫病研究センター 講師
2012年- 現職