小嶋 道之 教授 Michiyuki Kojima

研究テーマポリフェノール組成と機能性との関連性の解明と機能性が向上した加工品の開発

My Dreamさまざまな豆類・果実類の機能性を明らかにする
研究分野 食品科学, 食品加工学, 食品化学, 食品栄養学
キーワード 豆類, 大豆, 小豆, 隠元豆, 果実類, シーベリー, プラム, ポリフェノール, メラノイジン, 抗酸化活性, 消化酵素阻害活性, 動物実験, マウス

研究紹介

豆類や果実類に含まれるポリフェノール成分を中心に、食品機能性を示す有効成分の広範囲な探索と解析をおこない、プロシアニジン類に抗酸化性、消化酵素阻害活性のあることを明らかにしてきた。また、食の安全性に関する動物実験を取り入れた研究も進めてきた。今後、さまざまな豆類のポリフェノール組成の解析と機能性の関連性の解明をめざしている。また、加工により機能性が向上する味噌(図「豆類・蕎麦添加米味噌の抗酸化活性」参照や豆乳、煮豆について、そのメカニズムの解明についても研究を進めている。研究の目指すところは、農畜産物およびそれらの加工品に含まれる抗酸化性物質のヒトへの有効性について明らかにして、農産物の素材及び加工品の付加価値向上・ブランド化に貢献することです。

豆類・蕎麦添加米味噌の抗酸化活性

現在取り組んでいる研究テーマ一覧

  • 花豆・インゲン豆の機能性に関する研究
  • 大豆以外の豆類や蕎麦を添加した米味噌の機能性向上に関する研究
  • プラムの機能性に関する研究
  • 煮豆・煮汁の機能性向上に関する研究
  • 豆乳・豆腐の機能性向上に関する研究
自己紹介

愛知県出身です。これまで主に動植物に含まれる膜脂質の化学特性の解明をおこない、続いて豆類・果実類に含まれるポリフェノール類の抗酸化活性などの解明に携わってきました。趣味はテニスとハイキングです。十勝管内の野山を歩くのが好きです。

居室のある建物総合研究棟1号館
メールアドレス kojima atmark obihiro.ac.jp

所属・担当

研究域人間科学研究部門/自然科学・体育学分野/自然科学・体育学系
学部(主な担当ユニット)食品科学ユニット
大学院(主な担当専攻・コース)畜産科学専攻食品科学コース