スタッフ

山岸 則夫

教授

研究テーマ

ウシの血中バイオマーカーに関する研究
ウシの骨折治療

My Dream

動物(牛)を癒し、人(畜産農家)を笑顔にする。そのための選択肢(診断・治療法)を確立する。

所属・担当

グローバルアグロメディシン研究センター 獣医学研究部門

研究域 獣医学研究部門 臨床獣医学分野 産業動物獣医療学系

動物医療センター 産業動物診療科

獣医学教育国際認証推進室 スタッフ

学部(主な担当ユニット)

獣医学ユニット

大学院(主な担当専攻・コース)

獣医学専攻

研究分野 臨床獣医学, 獣医臨床生化学, 牛病学, 動物科学
キーワード ウシ, 血液, バイオマーカー, 分娩, 周産期, カルシウム代謝, 骨代謝, 生産病, 骨折, 手術, 画像診断

研究紹介

【ウシの血中バイオマーカーに関する研究】
 乳牛の分娩後疾患の早期診断や予兆発見あるいは病態解析(治療効果や予後の判断)に応用可能な血中バイオマーカーの探索に着手しています。破骨細胞が分泌する酒石酸抵抗性酸ホスファターゼ(TRAP5b)について牛の血中活性値を鋭敏に測定する蛍光測定法を確立し、分娩前の血中TRAP5b値が分娩後低Ca血症の予防効果の判定に活用できることを示しました。その他、ALP3やOPGに関する検討も行っています。最近は研究の対象を広げ、動物園飼育アジア象の骨代謝に関する研究も行っています。

【子牛の重症骨折の治療】
 子牛の重症骨折の治療には、理論上、全ての治療法が利用可能です。しかし、各種制約(コスト、個体価値、設備、治癒率、実効性、実行性)を考慮すると、国内外のどこでも実践可能で融通性が高い手段があると、より多くの子牛を助けることができます。私たちは、子牛の骨折治療の“Better”な治療法として、創外固定法やTPC法の改良に取り組んでいます。

現在取り組んでいる研究テーマ一覧

  • ウシの骨代謝と生産病に関連する血中バイオマーカー
  • 分娩牛の低カルシウム血症に関する研究
  • 動物園動物(アジア象)の血液生化学
  • TPCを用いたウシの骨折治療
学位 博士(獣医学)
資格 獣医師
居室のある建物 産業動物臨床棟
メールアドレス yamagishi atmark obihiro.ac.jp