社会貢献

馬を通した社会貢献活動

帯広畜産大学が取り組む「障がい者乗馬」とは

障がい者乗馬とは,心身に障がいを持つ方に対して,馬とのふれあいや乗馬体験を提供することを指します。イギリスでは100年ほど前からリハビリテーションの一環として実施されていて,諸外国では医療行為として認められています。

その効果として,「スポーツ・レクリエーション効果」「治療的効果」「教育的効果」が報告されています。

帯広畜産大学では特に,「レクリエーション効果」「教育的効果」を期待し,帯広市役所と連携しながら障がい者乗馬体験を実施し,過去4年間で延べ310名が参加しています。

馬には,「乗ることができる」という他の動物にはない特徴があることから,犬や猫のような他のセラピーアニマルに比べて,多様な効果が期待されています。

障がい者乗馬体験事業(帯広市との連携)

小学校1年生以上の障がい者を対象に,乗馬や馬とのふれあいを経験していただく事で,運動による健康の増進を目指すとともに,乗馬経験を通じた生活の質(QOL)の向上を目的に,障がい者乗馬体験事業を実施しています。

対象者

帯広市に在住,もしくは帯広市内の施設を利用している方で、自立,座位が可能な身体障がい,精神障がい,発達障がいを持つ小学1年生以上の方

障がい者乗馬体験 募集要項
障がい者乗馬体験 申込書

適応指導教室ひろびろ 馬の総合体験学習(帯広市との連携)

帯広市の適応指導教室ひろびろに通う児童生徒を対象に,馬とのふれあいや乗馬体験に加えて馬の歴史や特,獣医の仕事等,馬に関することを総合的に学習します。

その他

教育機関(特別支援学級,盲学校等)による乗馬体験に関するお問合せも随時お受けしております。ご希望の方は,日時や料金等について事前にご相談ください。

お問い合わせ

帯広市との連携(障がい者乗馬体験・馬の総合体験学習)に関するお問い合わせ

帯広畜産大学 国際・地域連携課 地域連携係
Email: syogai*obihiro.ac.jp(*を@に変更してください)
Tel: 0155-49-5377・5776
Fax: 0155-49-5289

その他の乗馬体験に関するお問い合せ

帯広畜産大学 畜産フィールド科学センター
Email: field*obihiro.ac.jp(*を@に変更してください)
Tel: 0155-49-5657
Fax: 0155-49-5654